2017-09-04

【実録!今週の工作現場!】これはただの友達?浮気相手?別れさせ工作ここまで進展しています!


実際のご依頼内容と別れさせ工作内容をご紹介

◆依頼者/T様・男性・20代・営業職
※ご契約プラン【カスタマイズプラン(実働20回)】
※進捗状況/1:特定調査⇒2:事前調査⇒3:工作第一段階⇒《現在4:工作第二段階》⇒工作最終段階
◇ターゲット/女性・20代・営業職
◆ご依頼内容
内容詳細は依頼者様のご要望により伏せさせて頂きますが、ターゲットは依頼者様のパートナーであり、別れたいという案件です。

とにかく一途なターゲット!

この案件は、依頼者様ご自身が別れたいという内容です。
ターゲットは20代女性。

現在は男性工作員がデートを重ねるまでに至っていますが、ここまでがとてもとても大変でした。

基本的には非常に真面目な女性。
依頼者様一筋でした。
他の男性には目もくれないし、興味も持っていない。持つ必要がないと言った方が正しいかもしれませんね。
そういった状況。(とは言っても大体女性は基本的に真面目な人が多いですよね。根っからの男性好きという女性は非常に珍しいケースです。稀にそういった女性もいますが…)

男性工作員が近付いてもうまくいかない。女性工作員から接触しよう。

まずは工作序盤では女性工作員が彼女に接触。
女性同士では警戒もないですし、比較的友人になるまでは行ないやすく、そこから定期的に女子会を行なっていましたが、そこでの会話はどれだけ依頼者様を好きか、むしろノロケ話ばかりが出てくる状況でした。

現在の依頼者様との関係も「全く問題がない。愛されている。」というお話。

依頼者様は本当は別れたいと思って、ご依頼頂いておりますが、彼女に対しては全くその気持ちを出していなかったのですよね。

しかし、今回は「依頼者様に愛されているから、裏切ることは絶対に出来ない」というターゲットの心理が工作上少し邪魔となっています。

依頼者様にもご協力を頂くことになりました。

担当者がよく依頼者様とご相談した結果、出来る限りご協力していただくこととなりました。

「出来れば、別れたいと思っていることまでは感じさせたくない。」とのこと。

依頼者様には時間をかけて、無理のない範囲でターゲットへの接し方を少しずつ変えるようにご協力頂きました。

「週末どこ行く?」
「ごめん。週末は仕事。本当ごめんね。」

「今度いつ会う?」
「残業次第だから、また連絡するよ。」

など、あくまでもターゲットにかける言葉は優しく。しかし二人の時間を徐々に削るようにして頂きました。

ほんの少しの違和感が状況を変えることになる。

その後の女子会では、「最近彼が冷たい気がする。」など不満や愚痴が少しずつですが増えてきました。
その隙間を狙って、ある方法で男性工作員を知り合わせたところ、ターゲットの寂しさ紛らしに少しずつマッチしました。
もちろん最初からターゲットがグイグイ食いついたわけではなく様々な攻防戦があったのですが、ターゲットは依頼者様と会えない時間を徐々に徐々に男性工作員で埋めるようになってきました。(あくまでも「友達」としてではありますが)

ターゲット曰く、「私は絶対に浮気はしない。」

ターゲットは、「私は絶対に浮気はしない。」と言っています。
が、元々が寂しがり屋という性格もあり、依頼者様が仕事で忙しくなかなか会えないことを、女性工作員や男性工作員で埋めて気を紛らすようになりました。

ターゲットは男性工作員との関係を決して浮気ではないと女性工作員に話しており、一緒にいて楽だし、信頼できる友達だと表現しているそうですが、第三者から見るこの二人の様子はまさに恋人同士。
ふざけて甘えあう様子は、友人以上にしか見えません。

ターゲットがどんなに友人だと言い切っても、現在客観的に見える景色としては、浮気と変わらないのです。

この事実をターゲットの彼氏(依頼者様)が知ることになれば、「そっか。あれは友達なんだね。じゃあいいよ。」とは言えないものとなるわけです。

最終的な仕上げまであと少し。
別れの瞬間は依頼者様と更にご相談しながら進めていくことになりそうです。


注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。

{$block_img_1_alt}

〜この記事の著者〜

担当スタッフ Y

アクアではあなたのケースに合わせた個々のプランをご提案させて頂きます

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜24時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら