【復活!THE アクアLIVE!!】(case2-35) 〜依頼者様の立ち振る舞いを徹底サポート編〜
今週の現場レポート
今週の現場レポート


2016/10/31(Mon)

別れさせたい(女性編)

【復活!THE アクアLIVE!!】(case2-35) 〜依頼者様の立ち振る舞いを徹底サポート編〜

【復活!THE アクアLIVE!!】(case2-35) 〜依頼者様の立ち振る舞いを徹底サポート編〜
対象者の方から男性スタッフAを誘うくらいに二人の親密度は上がってきました。
もうすでに「ヒロさんのことを相談する」といった名目がなくても会える関係にまで持ってこれました。
対象者が男性スタッフAに惹かれ始めていることは皆さんにも伝わっていると思います(^^)→(前回の工作〔【THE アクアLIVE!!】(case2-34)をおさらいする〕)

ヒロさんと対象者はいまだに距離を置いているようですが、そのことがヒロさんの心境にも変化を与えているようです。
ヒロさんから依頼者様にかなり久々に「元気にしてる?久しぶりにご飯でも行かない?」と連絡が来たと担当者に報告がありました。

依頼者様には案件開始時に、復縁を望むのであれば【過度な連絡はしない】【連絡が無かったとしても執拗に責めたり、なんとか会おうと必死なことはしない】といったことなどを約束してもらっていました。
対象者と距離を置いたヒロさんは、寂しくなり依頼者様に連絡をしてしまったわけです。

依頼者様としては勿論願ってもない展開ですが、ここで嬉しさのあまりヒロさんの要望通りの行動をとっては依頼者様はまた以前のようなただのの都合の良い女性になってしまいます。
このような場合の対応方法など、担当者が依頼者様に指示やアドバイスを出し、依頼者様とヒロさんが再び良好な関係になる為に【サポート】という業務も行なっています。
今回はサポートについても皆さんにお伝えしながら、依頼者様とヒロさんの様子をご覧下さい。


〜〜〜〜〜〜〜それでは依頼者様へのサポート開始です〜〜〜〜〜〜〜

ここからは皆さまにイメージして頂きやすいように、実際のやり取りにプラスして、ポイント毎で見解や解説(※印部分)を加えて、その時の詳細を記載して行きます!

これまで同様に
彼女=対象者
という表記になります。

-----------------------------------------------------------------

※今まで依頼者様とヒロさんは外で待ち合わせし、結果ご飯を奢らされる(過去にはパチンコ中のヒロさんに呼び出され、お金貸して。とせびられたことも!!)デートでした。

これと同じ事をしてもヒロさんは「久しぶりにマキと会った」「奢って貰ってラッキー」といった感覚を持つ程度です。

ヒロさんからは良い意味で「あれ?マキってこんな良いコだったかな?」と思ってもらう事が重要だと伝えています。
以前とは違う一面を見せていく事が重要ですので、今回は外で食事をするのではなく、依頼者様の自宅で食事をするような誘導をさせて貰いました。
いつもとは違う状況を作り出し、「なんかマキ変わったね」とヒロさんに思ってもらう事、今精神的に寂しくなっているヒロさんの心の穴を埋めてあげる事が目的です。

心構えとしては「久しぶり!!久しぶりに会えて嬉しい!!」という気持ちよりも、「ヒロ君、随分長い間どこ行ってたの?疲れてるみたいだね。お帰りなさい。」と思って接するようにアドバイスしました。


〜〜〜〜〜〜〜


(ヒロさん)元気にしてる?今週久しぶりにご飯でも行かない?


※このメールを受けて、返信の仕方などもサポートしています。


(依頼者様)今週かー!来週なら平気だよ(^.^)


(ヒロさん)来週かー!今週は空いてないんだ?


(依頼者様)今週はかなり仕事が立て込んでるんだー!ごめんm(__)m


(ヒロさん)そっかぁ。仕事頑張ってるんだね。じゃあ来週にしよう!


(依頼者様)いいよー!外で食べるのも良いけどさ、家で鍋しようよ!


(ヒロさん)鍋かー!だいぶ寒くなってきたしいいね!(^.^)


(依頼者様)でしょ( ^ω^ ) 最近友達呼んで鍋会やってるんだよねw好評だよw自信有り!!


(ヒロさん)なんか楽しそう!じゃあ鍋会しよう(^^)


※ヒロさんは今週会いたいようでしたが、こちらで主導権を握りたい為、ここはあえて「今週は忙しい」と断りを入れてもらいました。
依頼者様としては今週にでもすぐに会いたいとの要望でしたが、ここでまたなんでもヒロさんの思い通りにするのは得策でないことをご説明し、我慢してもらいました。
依頼者様は「今週会うのを断るともう誘われないんじゃないか」といった不安があったようですね。
これは復縁を望む方の多くが発想してしまう事です。関係が悪くなる事を恐れるあまり、相手のペースに従ってしまうのは、一見正解のように思いますが、これは決して相手と向き合っている行為とは言えません。
復縁を考えるのであれば別れた時と同じ事を繰り返さない為にも、相手の気持ちを操作することも必要です。
今回はヒロさんに合わせず、対等な立場に立つ事で主導権を握る事も出来ました。
予定通り依頼者様の自宅にヒロさんを呼ぶことになりました。


〜〜〜〜〜〜〜


その後依頼者様宅にて鍋会実施となりました。
今回の立ち回りは非常に重要となるため、いくつか担当者より必ず行なって貰うことを指示しています。


〜ピンポーン♪〜

いよいよヒロさんが自宅にやって来ました!
果たして私達が指示した内容とは!?
依頼者様は無事に演技できるでしょうか!?

次回をお楽しみに!!→〔【THE アクアLIVE!!】(case2-36)へ進む〕


※案件はリアルタイムで進んでおりますため、支障が出ない範囲での掲載、また画像については加工させて頂きます。ご了承下さいませ。(もし宜しければ、ご覧下さった生の感想やご要望など、メールや問い合わせフォーム等どんな形でも良いので、皆さまのお声を頂けると励みになります!)


★本件のご依頼の背景★
依頼者様(仮名:マキ様)は34歳の独身女性です。マキ様が想いを寄せる男性(仮名:ヒロさん)の調査をして、彼女が判明し自宅・勤務先は特定できました!ヒロさんはマキ様にも借金していたり、マキ様とのこれまでの関係も有耶無耶のままになっているはずですが・・・!?彼女と交際しているようです!しかしこの彼女、ヒロさんに不満もあり、不安要素を女性工作スタッフ等が大きく広げ、また男性工作スタッフの助言でヒロさんとは距離を取り始めました。
その後あえて男性工作スタッフが少し対象者から離れる素振りを見せたところ、対象者から「それは待った!離れないでほしい」という思いになり、徐々に恋愛感情が出てきている様子です。
【マキ様案件の依頼内容を詳しくおさらいする】




今週の現場レポート
別れさせ確率診断
ご相談はこちら