ご相談はこちら
【復活!THE アクアLIVE!!】(case2-38) 〜運命のイタズラ…?(その裏側★依頼者様編★)〜
今週の現場レポート
今週の現場レポート


2016/11/24(Thu)

別れさせたい(女性編)

【復活!THE アクアLIVE!!】(case2-38) 〜運命のイタズラ…?(その裏側★依頼者様編★)〜

【復活!THE アクアLIVE!!】(case2-38) 〜運命のイタズラ…?(その裏側★依頼者様編★)〜
前回は、ヒロさんと依頼者様のデートと対象者と男性工作スタッフのデートを鉢合わせさせ、お互いがお互いの姿を認識させることに成功しました。ヒロさんは何もなかったように平然としていましたが、対象者にとってはなかなかこの現実は受け入れ難かった様子です。
→(前回の工作〔【THE アクアLIVE!!】(case2-37)をおさらいする〕)
その後のデート、一体どうなったのでしょうか!?!?


〜〜〜〜〜〜〜それでは工作の続きです〜〜〜〜〜〜〜

ここからは皆さまにイメージして頂きやすいように、実際の会話内容にプラスして、ポイント毎で見解や解説(※印部分)を加えて、その時の詳細を記載して行きます!

これまで同様に
ヒロさん=第二対象者
彼女=対象者
という表記になります。

-----------------------------------------------------------------

(ヒロさん+依頼者様側)

特にヒロさんには変わった様子もなかったため、依頼者様は変につつかず、純粋に楽しく過ごしている様子でした。
その後お店を変えて、飲み直しとなりました。


(ヒロさん)「あのさ…今まで俺の事ヒドイ奴だとか思ったことないの?」

※飲んでいる最中、いきなりこう聞かれたようです。
おそらくヒロさんは、これまで都合良く依頼者様を使っていたような付き合い方になっていたことや、借金して有耶無耶にしてしまっていることなど、色々な思いを全て含めた質問(確認)なのでしょうね。
言葉は短いですが、ヒロさんはヒロさんなりにこれまでのことや依頼者様のこと、対象者のことなど色んなことを考えているように窺えます。

これに対して依頼者様は・・・・


(依頼者様)「・・・・・あるよ(笑)正直何度も思った(笑) でも、それでも久々に連絡きたときに「あ。なんかお帰りなさい!」って思った(笑)
別に、ヒロくんが帰ってきたとか戻って来たとかそういう感覚じゃなくて。懐かしい感じがした。そしてなんか前より今はもっと楽しい(笑)」


(ヒロさん)「・・・・なんか、ありがとう。マキ、変わったもんねww」


※本当に依頼者様は変わったと私達も感じる部分です。
ご相談に来られた当初は、こう表現すると怒られてしまいますが「二番手」にされてしまいそうな女性だったんです。
どこか幸が薄そうと言いますか(怒られますね)、尽くし方などもどこかズレてしまっていて、尽くせば尽くすほど、逆に邪険にされてしまいそうなところが垣間見えていました。
ヒロさんに嫌われたくない一心で、向き合うことも避けてしまってた方ですからね。
最初はなかなか依頼者様自身の考え方や思考傾向もなかなか変えられず、弱音ばかり吐いていたのも印象的です。

実は今回、鉢合わせした後に、依頼者様とヒロさんがお付き合いへと進めるように効果的な会話内容をアドバイスしたのですが、依頼者様は

「私と付き合うかどうかは、「誘導」ではなく、彼に選んで欲しいんです。もしその結果、彼女と別れても私と付き合わないと判断するなら、それはそれでスッキリします!」と仰ったんです。

もうこの言葉に私達は驚きました。前の依頼者様からは想像できない言葉でしたから。

さらに「もし選ばれなかったら、貸してるお金はきちんと返して貰います(笑)」と笑っていました。

依頼者様も自分が変わったことを感じ、自信が持てたことで、相手の顔色を窺う必要がなくなったのですよね。
その依頼者様の姿を見て、本当に胸が熱くなりました。


そして依頼者様は過去に全く伝えることができていなかった正直な気持ちをこの後ヒロさんに誠実に伝えていました。
その表現や言い方などは、私達が一言一句アドバイスする必要がない部分でした。
ネガティブな印象を与えたり、相手の重荷になる表現は依頼者様からは出なくなっていました。
依頼者様の自己改善に関してはもうサポートは必要ないようです。


(依頼者様)「もし、ヒロ君がこれからまた一緒にいたいと思ってくれたら嬉しい。「なんとなーく一緒にいる関係」っていうのはもう嫌よ(笑)そんな関係ならもう会わない。今回はよく考えてみて!今度また話そう!」

(ヒロさん)「・・・・わかった。なんかなんて言ったらいいんだろ・・・・・・ありがとう。」

※最終的に依頼者様は自分の意思もハッキリ伝えて、ヒロさんにはきちんと時間をかけて考えて欲しいという形にしたようです。
ここでの会話ではヒロさんから何度も「ありがとう」という言葉が出ていたことがとても印象的です。
ヒロさんにとって依頼者様はとても芯が強く、魅力的な女性に映ったと思います。彼等を見ていた私達調査員が全員一致でそう感じましたからね。


今回はここまで!
次回は対象者と男性工作スタッフ側の状況です!お楽しみに(*^_^*)♪→〔【THE アクアLIVE!!】(case2-39)へ進む〕


※案件はリアルタイムで進んでおりますため、支障が出ない範囲での掲載、また画像については加工させて頂きます。ご了承下さいませ。(もし宜しければ、ご覧下さった生の感想やご要望など、メールや問い合わせフォーム等どんな形でも良いので、皆さまのお声を頂けると励みになります!)

★本件のご依頼の背景★
依頼者様(仮名:マキ様)は34歳の独身女性です。マキ様が想いを寄せる男性(仮名:ヒロさん)の調査をして、彼女が判明し自宅・勤務先は特定できました!ヒロさんはマキ様にも借金していたり、マキ様とのこれまでの関係も有耶無耶のままになっているはずですが彼女と交際。
しかしこの彼女、ヒロさんに不満を最近感じてきているようだったため、不安要素を女性工作スタッフ等が大きく広げ、また男性工作スタッフの助言でヒロさんとは距離を取り始めました。男性工作スタッフの駆け引きにより、対象者の気持ちもかなり揺らいできています。またヒロさんは対象者と距離が出来た寂しさからか依頼者様へアクションを取るようになってきました。お互いにいい感じの異性が出来てしまっている状況です!そしてお互いのデート現場を目撃するという段階まで来ています。
【マキ様案件の依頼内容を詳しくおさらいする】



今週の現場レポート
別れさせ確率診断
ご相談はこちら