別れさせ屋という仕事への考え方
アクアは○○な会社です
アクアは○○な会社です一覧ページへ戻る

2015/01/17(Sat)
別れさせ屋という仕事への考え方

週刊アクアコラムです。
私たちが別れさせ屋という仕事にどのように向き合っているのかについて以下にまとめました。
別れさせ屋に依頼することを迷っている方に読んでいただけたらと思います。

1、私たちが目指す探偵業界
皆さんが別れさせ屋に依頼をするかどうか迷って、色んな情報を見てしまうのは、
少しでも業界に対して不安に思う気持ちがあるからだと思います。
私たちは、探偵業界を皆さんが安心して依頼できる業界にしていきたいと思っています。
一会社がそんなことできるはずないと言う方もいるかもしれません。
もちろん、1、2年で業界が変わるというのは難しい話かもしれません。
ただ、今まで15年間、そしてこれからも依頼者さんが幸せな人生を歩むお手伝いをしていくために必要なことだと思っています。

私たちがその為に取り組むべきこと、それは人材教育だと考えています。
これからの取り組みとして弊社がスタッフに行ってきた教育を、これから探偵になりたいと思っている方々にお教えすることで"信念を持って探偵業務を行う人材"を増やしていきます。
これは、ボランティアに近い活動です。
ですがこの活動を通して、長期的な目線で業界に貢献していきたいと考えます。
あの会社はこうだからと蹴落とし合うのではなく、お客様に価値のある業界になるためにより高め合っていくことが私たちの目標です。

2、私たちの人材教育
長年、高い成功率を保つ為に力を入れて来たことは人材教育でした。
良い会社というのは、能力のある社員が多いのではなく、理念を理解した社員が多いのだと思います。
アクアでは、入社後研修期間を設けています。
調査・工作の実務だけでなく、探偵のあり方やお客様に対しての考え方をみっちり教え込みます。決して実務ができるようになったからといって、研修が終わる訳ではありません。アクアのお客様に対する考え方を理解して初めて、1人前として研修を終えるのです。
この研修を乗り越えることが出来ず、辞めていくスタッフもいます。
最初にあえて、探偵になる厳しさを伝え、それでも尚やりたいという社員でないと心から依頼者様に向き合える人材にはならないからです。
弊社のスタッフがどういう気持ちで働いているかについては、週刊アクアコラム内の「スタッフを直撃」という記事でインタビューしているので読んでみてください。
現在は、厳しい研修を終えて向上心を持って取り組む新人と、創業から支えて来たスタッフがいい循環となって、現状のサービスに満足することのない貪欲な組織となっています。

3、別れさせ工作についての考え方
私たちは単に別れさせ工作を行う集団ではありません。
「お客様が幸せになりたいという想いを実現する」のです。
ですから、相談に来られた方に耳あたりの良い言葉を言って営業することは一切ありません。
ただ別れさせてくれればいいから依頼したいと仰る方のご依頼はお断りしています。
私たちが依頼者さんに真剣に向き合うのと同じように、皆さんにご自身の幸せについて真剣に向き合っていただきたいのです。
お客様が依頼の先にある幸せを本気で掴みたいと決意された時、私たちは喜んでお受けさせいただきます。
とはいっても、「私にとっての幸せはこれです」と最初から言い切れる方は多くありません。ですから、無料相談で3時間かけてみなさんにとっての幸せがどこにあるのか整理するのです。

4、実働回数システムについて
私たちのサービスは、実働回数に応じて料金が変わる仕組みとなっています。
実働回数システムだと実働をただ消費されるかもしれないという考え方もあるようですが、私たちは、皆様から数時間をかけた徹底的なヒアリングにより、具体的で詳細なプラン設計を行います。1回目の調査から最後の工作終了までを詳細にシュミレーションするのです。
そこから必要な調査・工作回数を割り出します。
この実働回数システムは、お客様にかかる費用を無駄のないものにするために考えたものです。契約を期間で縛ると、工作を行うべきではないタイミングも契約期間内で成果を出す為に動くことに繋がりがちです。
そうではなく、ターゲットとの関係構築の状況に合わせて適切なタイミングで工作を行なうために実働回数ごとの料金を設定しています。

以上が、私たちの「別れさせ屋という仕事への考え方」です。
無料相談に来られる方は、今日お話ししたことを期待して来られると思います。
私たちはそのご期待に応え続けます。
一度、皆さんの心に引っ掛かっている想いを吐き出しにおいでください。



アクアは○○な会社です一覧ページへ戻る
別れさせ確率診断
ご相談はこちら