別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

別れさせ屋の比較と選び方 | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

別れさせ屋の比較と選び方

choice

別れさせ工作を比較検討しているけど、どこに頼むべきか分からないという方向けの記事です。
言い換えると「どこの別れさせ屋が真面目にやってくれるのか見極める方法」です。 アクアのサービスを持ち上げるためではなく、皆さんが「適当な会社に騙されることなくご自身に合った別れさせ屋に出会える」ための選び方を考えましたので、是非読んでみてください。

step1まずは何社かHPをよく見てみる

別れさせ屋のホームページ

別れさせ屋のHPを何社か調べてみてください。
沢山見ながら比較していただき、その中から5社程度絞り込んで問い合わせしてみてください。

step2メール問い合わせで比較する

別れさせ屋のホームページ

まずメールで問い合わせをしてみてください。
理由は2つあります。
1つ目は、レスポンスの速さを見極めるためです。
常識的には1~2日以内には返事が欲しいですよね。
問い合わせメールの返信に時間がかかるようでは、依頼後に質問や相談をしたとしてもすぐにレスが来ず満足できる対応をしてもらえない可能性があります。
また問い合わせメールでは「今自分が置かれている状況、悩んでいることや困っていること」を具体的に伝えた上で「依頼した場合にどういった方法が取れますか?」という質問をしてみましょう。
その返信内容を読んで、状況分析能力や方法論を見極めましょう。
質問に対して答えもせずに「とりあえず会ってお話をしましょう」というところは除外してください。
解決策を提示する能力が低かったり、顧客対応が満足ではない可能性があります。
メール問い合わせをして、いくつか絞れたら次に移りましょう。

step3電話問い合わせで比較する

別れさせ屋のホームページ

メール問い合わせをした上で、2〜3社に絞れたら電話をしてみます。
メールで別れさせ工作の方法論などは聞けていますから、生の対応の質を見極めるために行います。
まず、電話しても誰も出ない、もしくは電話したら明らかに外だった(転送をかけている)ような場合も除外です。
電話対応が満足にできていなかったり、担当者が社内にいないような体制で、別れさせ工作をしっかり行えるとは思えません。
また、電話に出てもぶっきらぼうな対応というのも除外です。
押し付けるような対応ではなく、親身になって話を聞いてくれるのかをしっかり見極めてください。
少々めんどくさく感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、会ってしまうと能力の低い会社でも巧みに言いくるめられてしまう場合があるので、しっかりこの工程を踏んで頂きたいです。

step4実際に会って比較する

別れさせ屋のホームページ

メールと電話問い合わせを経て、納得できるところに会ってみましょう。
会社を実際に見ることもすごく大事です。
担当者が依頼者様の住む遠方に来る場合を除いて、ホテルのラウンジや喫茶店など会社以外の場所を指定するところは除外しましょう。
また、オフィスがマンションやアパートの一室で個人営業しているようなところも避けましょう。
別れさせ工作は、チーム戦です。会社を構えていない、もしくは個人でやっているような状態で満足のいく工作を行える可能性はありません。
また、レンタルオフィスを借りているような会社も個人情報に対する管理体制が甘い可能性があり、避けるべきです。
オフィスがしっかりしていたとして、
会社の雰囲気や担当者の雰囲気をご自身の目で確かめて、本当に親身になって対応してくれるのかどうか確かめましょう。
メールで聞いたものをさらに深ぼりして別れさせ工作の方法論を聞いてみてください。
その上で料金システムが納得できるかどうか、そして何より熱意を感じられるかどうかを見極めてください。
工作や料金に納得できたとしても「この会社なら本気でやってくれる!」と思えなければ依頼は見送った方が良いでしょう。

step5契約書を確認する

別れさせ屋のホームページ

実際にとりかわす契約書に料金や成果報酬の定義など全てを記載しているのかどうかをしっかり確認してください。
契約書に提供サービスの詳細をしっかり記載することは、安心してご依頼頂くためにとても大切なことです。ここの説明がおざなりな会社や、サービスの定義が曖昧な記述だと思う会社は除外してください。
契約書にもしっかり記載されていた上で、契約内容を取り違えるようなサービスを提供された場合であれば裁判で勝てる可能性が高いので、ここはしっかりと押さえておきましょう。
以上が私たちがオススメする別れさせ屋の選び方です。
この項目をすべてクリアしている会社であれば、安心して依頼して頂いて構わないと思います。

上に戻る