別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

別れさせ工作を頼むべき人、頼むべきではない人 | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

別れさせ工作を頼むべき人、頼むべきではない人

2019-08-01

別れさせ工作を頼むべきケース

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
冒頭に見ていただいたと思いますが、こんな図を作ってみました。

弊社では、
「別れさせ工作」と「有料電話相談サービス・アンサーズ」という2つのサービスを展開しています。

2つのサービスの違いは、名前からも明らかだと思いますが
「一体自分の場合は、どちらを依頼すべきだろう」
という疑問にお答えしたいと思います。

別れさせたい相手(元パートナー、不倫相手など)と
1、現在の関係性(関係が悪い、仲が良い)
2、連絡が取れるのか否か
の2軸に切り分けました。

そして、4つのブロックのうち3つにそれぞれ
1、冷却期間
2、アンサーズ
3、別れさせ工作
を記入しています。

その意図について解説していきます。

冷却期間:連絡は取れるが、関係が悪い

連絡は取れるが、関係が悪いというのは、特に別れて数カ月以内などを指します。

別れさせ工作を行うにしても、アンサーズで具体的なアドバイスをするにしてもとても間の悪い時期です。
なぜなら、コンタクトをとること自体が、マイナスに繋がってしまう時期だからです。
アンサーズで具体的なアクションプランをアドバイスしたとしても実践できません。(そもそも冷却期間を持ちましょうというアドバイスになってしまうと思います。)
依頼者様本人が接触する訳ではないため、別れさせ工作はこの時期でも行うことはできますが、無事成功したとしても依頼者様とよりを戻すことが難しい時期なのでオススメはしません。

アンサーズ:連絡は取れて、関係性も良い

ヨリを戻したい相手と連絡が取れて、関係性も悪くない状況であればアンサーズ(有料電話相談)をオススメします。
アンサーズでは具体的に相談者さんがとるべきアクションをアドバイスします。そのアドバイスを実行いただけたら、ご自身の力で十分関係を戻せる可能性があります。
ただ、今現在別のパートナーがいる場合、自分自身で別れさせるというのは得策ではありません。
(別れさせる行動を取らなくても、勝手に相手が別れてくるように仕向けるアドバイスをアンサーズでは行います。)

お相手との関係性は良い方向に進んでいるが、中々別れる様子がないという場合は別れさせ工作を検討されることをオススメします。

別れさせ工作:連絡は取れず、関係性もよくない

このケースは、別れさせ工作が良いというよりは、別れさせ工作をする他ないといった方が正しいかもしれません。
現在気軽に連絡を取れるような関係でもなく、良くも思われていないという場合は本人の力で状況を改善するのはかなり厳しいです。

別れさせ工作を利用して、現在のパートナーと別れさせつつ、お相手の依頼者様に対するイメージを改善していく工作も同時並行で進める必要があります。

別れさせ工作を行いながら、アンサーズを利用し自己改善のアドバイスを受けられるのが一番良いです。
自己改善といっても"悪いところを直す"のではなく、"お相手に好かれるあなたになる"ためのアクションです。
これはアンサーズカウンセラーにより客観的な目線とアドバイスを受けることが最も効果的です。

最後に

皆さんは今どのグループにいらっしゃるでしょうか。
やみくもに行動したり、お金をかけて依頼するのではなく、
自分の立ち位置を俯瞰してみることで、とるべき行動や順序が見えてくると思います。

当サイトにお問い合わせいただけたら、
別れさせ工作とアンサーズのどちらがオススメか状況によってお答えすることも可能です。
是非、ご連絡ください。

別れさせ屋のHOWTOに関するご相談はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい。


メールフォーム

LINE相談

~この記事の著者~

相談窓口 G

CATEGORY
上に戻る