2017-09-30

「ナカイの窓/私達○○のプロですSP」に出演しました!


アクアの女性工作員水沢(仮名)出演してきました!

先日、「プロの別れさせ屋」として出演してきました。

現在進行形の案件もあるため、終始「マスク」に音声も変換しての収録だったため、プロキャディーさん、プロポーカーの方など色々な方に囲まれた中で、「これ浮いてない?」「大丈夫かな?」と不安がありましたが、皆さんにも興味を持って頂けました!

{$block_img_1_alt}

撮影現場での話!

{$block_img_1_alt}

【別れさせ工作】というと、色仕掛け…といったイメージを必ずと言っていいほどされるんです!
撮影現場でもそういった質問が多かったんですよね。

ただ、そうではなく、きちんとターゲットの調査を行い、ターゲットの人間性に基づいた接触方法、プランニングをしているということをきちんとお話することが出来て良かったです。

私達は「当たり前」だと思っている進め方や気をつけている部分などを語る度に、「へぇぇぇ」「え!?そうなの!?」など皆さんのリアクションが個人的には新鮮でした(笑)

{$block_img_1_alt}

私達はいつも「これからこの工作をこう展開していこう」「ターゲットの反応が変わってきた!」「案件が予定通りに進んできた!」ということで喜んだり、「今日に限ってターゲットが出てこない・・・接触できるチャンスここだったのに!」と悔しがったりすることは多々ありますが、自分達が「変わったことをしている」という感覚はないんです。

でも皆さんから興味深々に次々と質問されることで、「一般的な人からするとまだまだ【珍しい職種】なんだなぁ…」と実感しました。

出演を通して感じたこと!

業界として【別れさせ屋】は「怪しい」「怖い」と言われる傾向はあると思います。でも、今回の出演で、私達が本気で依頼者様のために取り組んでいることが伝わっていればいいなと思いました。

もしかすると、「別れさせる」ということに疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。
でも、依頼者様一人一人にはどうしても状況を変えたいと望んでいる背景があり、ご依頼頂くまでに色々なドラマがあったことを私達は知っています。

その想いを背負い、本気で取り組んでいることに誇りもあります。

限られた放送時間の中でそれが全て伝わったかどうかは分かりませんが、私達の熱意や本気度が今後も色々な形で伝えることが出来たらいいなと思いました。

「皆に認知されたい」という思いではなく、「本当に悩んでいる人」「誰にも話せず今悩んでいる人」にこういう方法もあるという一つの選択肢として「別れさせ工作」の存在を知ってほしいなと感じた水沢でした!

{$block_img_1_alt}

もっと「別れさせ工作について知りたい!」「自分のケースの場合にはどんな工作員がどんな流れを作っていくことになるの?」など、聞いてみたい方は是非お電話・メールにてお問い合わせ下さいね。

〜この記事の著者〜

女性工作スタッフ 水沢

メディア情報に関するご相談はこちら

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜24時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら