2018-07-20

「お問い合わせフォーム=依頼を前提とした相談」では全くありません。


別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
当たり前ですが、当サイトにはお問い合わせフォームがあります。

お問い合わせフォームって一般的には、
依頼をするか、依頼をするにあたっての質問を投げかけるものですよね。
でもアクアでは考え方が少し違います。

依頼するかどうかなんて、全く決まってなくていい

私たちに問い合わせをいただく時に、別れさせ工作を依頼するかどうかなんて決まってなくていいと思っています。

先日、久しぶりにお話をした元依頼者様がこんなことを仰っていました。
「今でこそアクアファンですけど、最初に電話した時なんて本当に疑ってかかってました。だって、ネットで調べるとお金だけとって何もしないとか、別れさせ業界の悪い話が一杯目につくんですよ。」
「そもそも、別れさせ屋に依頼していいのかなっていう迷いもありましたし。」

その方になんで依頼してくださったのか聞くと、
「ずーっと話を聞いてくださって。それも何度も。それでだいぶ気持ちが整理できたというか、やっぱり彼に戻ってきてほしいなと思えて。そして、アクアさんなら信じられると思ったんです。」
と嬉しいことを仰って頂きました。

依頼するまでには、2つのハードルがあります。

依頼するまでには超えなくてはいけない、2つのハードルとは何なのでしょうか。

一つは、「お金を掛けてまで本当にその相手と一緒になりたいのか」考えることです。以前にもお伝えしたことがありますが、別れさせ工作に依頼するには依頼者様にも覚悟を決めていただく必要があります。
ヨリを戻すためには、相手を別れさせるだけでなく、依頼者様ご自身にも変わっていただく必要がある場合が殆どです。
「自分を変えてでも相手と絶対に一緒になりたい。」
という気持ちを持てるかどうか依頼前に考えていただく必要があるのです。

そして、2つ目は私達を信じきれるかどうかです。
元依頼者様が仰るように、別れさせ屋業界というのは本当に色んな会社がありますし、よくない噂が少し調べただけでたくさん出てきます。
残念ながら、適当な会社があることも事実ですし、業界全体がクリアになるためにはもうしばらく時間が掛かるでしょう。
その中で、私達アクアのことを間違いないと確信できないと依頼するべきではないと思っています。

この2つのハードル=心のもやもやが完全になくなってから、依頼をして頂きたいのです。

だから、疑いの目を持ってお問い合わせしてきてください。

先ほどご紹介した元依頼者様がそうであったように、最初にご連絡いただくときは、依頼するかどうか考えてなくてよくて、むしろ疑いの目を持ってお問い合わせいただくくらいで構いません。
むしろ、それぐらい慎重になって頂きたいです。

皆様の状況をお聞かせいただいた上で、どうしたらその状況が良くなるのか電話でもメールでも本気で考えさせて頂きます。もちろん別れさせ工作ありきではなく、それがなくとも上手くいかせる方法があるなら、それもお話しします。

その過程で、
"別れさせ工作を行えば、自分ではできない状況が実現できるかもしれない"
"アクアなら安心して任せられる"
この2つを確信できた時だけ、依頼いただけたら嬉しく思います。

電話やメールをしていただく方の不安な気持ちは、私たちが一番良く分かっています。
とりあえず、一度ボールを投げてみてください。依頼するしないに限らず、「あぁ相談してよかった」と思って欲しいという私たちの本気を知っていただけるはずです。

〜この記事の著者〜

男性工作スタッフ N

別れさせ屋についてに関するご相談はこちら

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜22時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら