ご相談はこちら
home
別れさせ屋の成功率

別れさせ屋の成功率

今回は、別れさせ屋の成功率についてお話しします。
ご相談に来られたお客様が必ず質問される一つが、別れさせ屋工作における成功率です。
皆様は別れさせ屋の成功率を左右する要因として、一体どんなことを想像されますか?
「別れさせたい(別れたい)二人の関係性」、「ターゲットの性格や行動パターン」、「お子さんの有無」など、皆様想像される内容は様々だと思います。
勿論、そういったことも成功率を左右する大切な要素の一つではありますが、それらと同様に重要でありながらも忘れられがちなのが、依頼者様と業者の信頼関係です。
「信頼関係」というと何を基準に、どう判断すれば良いかわかりづらい為か軽視されがちですが、これは本当に重要なのです。 なぜならば、信頼関係が出来ていないと、人は本音や真実を話さなくなり、そうなると正しい状況が把握できない上に、取り繕った話しからでは本当の要望も把握できなくなるのです。
そして、そのことで最善の方法が導き出せなくなり、限られた方法の中から選択するしかない為、結果として工作が上手く行かなくなり、成功率を著しく低下させるからです。
当然のことですが、ご依頼内容は皆様の人生を大きく左右する重要な内容なので、信頼関係なくして別れさせ屋の成功はあり得ないのです。
これで「信頼関係」が成功率において重要なことが少しはご理解頂けたでしょうか?

また、成功率についてお話しする上でもう一つお伝えしておきたいのですが、私たちから「この工作は失敗です。終わりにしましょう。」と言うことは決してありません。
数ある業者の中から弊社を信頼し、ご依頼下さった依頼者様のご期待に応えるのが私たちの使命であり、
責任だと考えているからです。
ですが、いくつかのケースにおいては依頼を続行することが不可能ということもあります。
依頼する際は、何%成功する可能性があるのか?ということよりも、どういった状況になった場合、別れさせ工作が途中で終わるのかを把握しておいた方が良いのです。
それでも成功率が気になるという方には、今までのご依頼の平均成功率は約70%であることをお伝えしています。
(勿論、ご依頼背景や最終成功条件などの要素を除いた上で出した成功率にはなりますが。)
つまり、途中でご依頼を終えるケースも約30%あるということです。
では、それがどういった状況なのかをこれからお伝えいたします。
別れさせ屋の料金形態1:契約期間で料金が決まる
ケース1 金銭的な問題
当初予定していた必要な実働回数を行っても依頼が完了しない場合があります。工作を進めるうちに新たな事実が発覚してシナリオ変更を余儀なくされたり、想定外の出来事は別れさせ工作にはつきものです。
もちろん工作員も柔軟に対応しますが、別れさせ工作を延長して行う必要が出てくる場合があります。
その時に、依頼者様が延長する為の料金を払うことはできないと判断された場合には別れさせ工作は失敗となります。
もちろん失敗は絶対に避けたいものですが、毎回の調査や工作実施後には依頼者様へ詳細な結果をご報告しているので、
「ここまでやってもらって無理なら諦めもつきます」と納得して頂いた上で終了となるケースが殆どです。

ケース2 別れさせ屋に依頼したことがターゲットに発覚してしまう
私たちは怪しまれるような聞き取り調査も行いませんし、別れさせ工作もあくまで自然に接触するので、別れさせ屋だと発覚してしまったことは過去に一度もありませんのでご安心ください。
しかし、依頼者様が私たちの名刺や契約書の控え、報告のメールなどをターゲットや第三者に見られてしまい依頼していることが発覚してしまうということがあります。
こうなってしまった場合は残念ながら、別れさせるターゲットが第三者の接触に対し過敏になってしまう為、ご依頼の成功率が著しく低いものになってしまいます。
アクアではこういった事態を避ける為、依頼者様の契約書の控えなど関連書類をご依頼終了までお預かりすることも行い情報漏洩に努めております。

ケース3 依頼者様からの希望
このケースも少なくはありません。別れさせ工作はターゲットの新たな一面を見ることになります。
私たちはすべての事実をご報告していますので、その結果、ターゲットの嘘が露見したり、意外な一面や現実の状況を知ったことでターゲットに対する感情がなくなり依頼を終えるということがあります。
ただ、これは依頼者様にとって失敗というよりも、前進だと言えるのではないでしょうか。

ケース4 ターゲットのライフスタイル
私たちは今まで様々なターゲットと接触し、別れさせてきました。毎週特定の場所に通っている方や趣味のある方が接触しやすいことは想像に難くないと思います。
しかし、仮に趣味や行きつけの場所がないようなターゲットでも接触して仲良くなることは十分可能です。
ですが、場合によってはいくつか難しい状況はあります。
まず一つ目は、「引きこもっている方」への工作です。全く家から出ないという方はSNSなどから繋がる方法もありますが、人に対する警戒心が強いので難易度が高いです。
次に、地元の知らない人が歩いているだけで目立つような地域での別れさせ工作も非常に難易度が高いです。
逆に言えば、上記のようなケース以外はすべて可能性があると言えます。
引きこもりでもコンビニに行くターゲットであれば接触できますし、そういった地域でも隣の街に出掛ける人であれば次に繋がる接触ができるからです。

以上が、別れさせ屋の工作が途中で終わるケースです。
皆様ご相談時に「私のケースでも成功できますか?」「成功率はどれ位だと思いますか?」とお聞きになりますが、私達は一般の方や他社さんが想像できないような相当数の別れさせ工作のシナリオを作ってきていますので、上記のような極端な状況のケースでなければ必ず打開策をご提示する自信があります。
工作のシナリオはご依頼前の面談時にもお伝えしていますので、まずは私たちがご提案するシナリオの内容をお聞き頂き、その上で弊社に任せられるかどうかを是非判断されてみてください。
また、簡易的に成功率を知りたい方へ向け、「別れさせ成功率診断」もご用意しております。今この場であなたの場合における別れさせ屋工作の成功率を診断することができます。是非ご活用ください。
別れさせ確率診断
ご相談はこちら