別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

別れさせ屋アクアとは | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

別れさせ屋アクアとは

ABOUT

別れさせ屋20年の老舗です

別れさせ屋アクアとは

アクアは平成11年に別れさせ屋を創業しました。 私たちの特徴を一言で言うなら「とことん真面目な別れさせ屋」です。
これは、お問い合わせいただけたら皆様にも伝わるという自信があります。

誰が電話に出ても、皆様のお話に真剣に耳を傾け、解決する方法を一緒に考えます。
このアクアの文化とも言えるスタンスは、やはり代表の藤木の在り方から来ています。
「依頼者様の悩みに対して絶対に妥協を許さない」
私たちは、常に純粋な気持ちで濁ることなく、依頼者様の幸せを追求していきたいのです。
そのために、現状に満足することなく究極の別れさせ工作を日々追い求め、研究しています。

アクアの工作への考え方

別れさせ屋の技術

このブロックは、かなり長くはなりますが、
別れさせ工作を知って頂く上でとても大事なことなので是非読んで頂きたいです。

別れさせ工作を頼む人はほとんどの方が初めてです。
その中の多くの方は「まさか自分が頼むことになるとは」とお思いでしょう。

別れさせ工作について調べてみると分かることですが、
「実際に頼んだ人のリアルな声」に触れることはなかなかできません。
当たり前ですが、 バレてしまっては困る事実ですから実体験を喜んで話す方もいないのです。
そのためサービスの実態が見えてこず、「ドラマのような特殊なこと」を行うというイメージの方がいらっしゃいます。
このページでは「別れさせ工作とは何か」そして「アクアがどのように考えて取り組んでいるか」を知って頂けたらと思います。


そもそも別れさせ工作は、一般の普通に生活している人に対して仕掛けるものです。
現実的に起こりうることを実現するのが工作であって、非現実的なことを行うのが工作ではありません。

別れさせ工作が世に出始めた20年ほど前は、
「別れさせ工作を仕掛けるターゲットが不良5、6人に囲まれて、それを助ける工作スタッフが登場する」といった今考えると恥ずかしくなるような方法も取られていました。

「どうすれば見知らぬ人と自然に連絡先を交換し、心を許してもらえるのか」
そのことを突き詰めてきた20年だと言っても過言ではありません。
今私たちが行う工作シナリオは、依頼者様からするとすごくシンプルで普通に見えると思います。 野球に例えるなら、
本当に上手い野手は、バッターが打つ瞬間に打球を予測して正面でボールを取るから一見地味に見えるそうです。一方、守備が下手な選手ほど打球の予測ができなくてダイビングキャッチになるから観客が湧くんだとか。
それと同じで、いかにも別れさせ工作っぽい派手な演出をした方が依頼者様からすると「ちゃんとやってくれてる」感じがするかもしれませんが、本当に上手くいくのは日常に即した「地味な」工作シナリオなのです。
重要なことは、シンプルに見える工作シナリオの中で、「ターゲットの心理を分析しながら巧みに心理誘導すること」です。
「ここでどういう振る舞いをすれば心が動くのか」
そこに神経を集中して、進めて行くのが別れさせ屋のプロフェッショナルなのです。

別れさせ工作を成功させる方法

成功の秘訣

別れさせ工作の本質は、ターゲットの気持ちを動かすことです。
これなしに別れさせ工作が成功することはありません。

そのために、私たちは工作におけるすべての言動や行動に理由を持たせています。
別れさせ工作を行う前には、「こういう狙いを持って、ターゲットにこういう働きかけをします」と事前にお話しします。
「こうやったらうまく行くんじゃないか」といういわゆるラッキーパンチ的な工作は一切行いません。
その結果、
「面白いほど、予測通りに相手(ターゲット)が動いてくれますね」
依頼者様にはそう言って頂くことが多いのですが、根拠・裏付けがあって初めて私たちは実行に移すのである意味当然のことなのです。

毎年100件近いご依頼を行う中で、
「こういうアプローチをしたら、人はこう反応する」
という検証を何千回も行っていることになります。
私たちはある種、「人の心理を実践的に検証する機関」でもあるのです。
その中で培ったノウハウがあるからこそ、面談で皆さんのお話をお聞きした際に「こういう方法が考えられます」とその場でご提案することができます。
私たちは、ご依頼頂く前に「何社か話を聞いてみてください」とお話ししていますが、その場で「別れさせ工作にどんな哲学を持っているのか」「具体的にどんな方法を行うのか」をしっかり確認するようにしてください。
別れさせ工作の場数を踏んでいなければ、
面談の場で相談者様が納得できる具体的な話はできないと思います。
まずは、「この人たちにお願いしたい」そう思えるかどうかを大事にしてみてください。

上に戻る