ご相談はこちら
home
不倫している女性の方へ

不倫している女性の方へ

不倫している女性の方へ今、不倫をしている方へ。
あなたは今相談できる人もいなく、辛い思いをしているでしょう。
特に、お相手と会えない週末は身を切られるような思いですよね。
最初は、不倫をするつもりなんて無かったかもしれません。
相手が既婚者だと知らなかった方も沢山いらっしゃると思います。
それでも、一度好きになってしまったらなかなか断ち切れるものではありません。
お相手の方はあなたに愛情表現をしてくれますか?
あなたにとってはその言葉が支えでもあり、より苦しめるものにもなっているかも知れないですね。
相手にもっと自分のことを見てもらえるようになりたい。
今日はそう願う方に、いくつかお話したいことがあります。
別れさせ屋の料金形態1:契約期間で料金が決まる
1、不倫相手が不倫をし始めた理由を考える
何にでも始めたキッカケや理由というものはあります。
もちろんお相手にもあなたと不倫をするに至った理由があるはずです。
奥さんと上手くいっていないとか、家庭に居場所がないとか。
そんな時に、あなたに出会い、あなたに惹かれ不倫が始まったのではないでしょうか?
だとしたら、あなたはお相手の”心の中の欠けた部分”を埋める存在でないといけません。
まずは、なぜお相手が不倫し始めたのかを考えてみましょう。

2、相手が欲しているものを探し、与える
お相手が不倫したきっかけを考えたあなたが次にするべきこと。それは、ただ与えることです。
恋愛はギブアンドテイクが一番かもしれませんが、不倫における関係性を逆転させるためには相手が欲しているものを探し、与えることが大切なのです。
決して、お相手の言うことを聞き続けるということではありません。
ただ、相手の言うことに「YES」と言うだけの関係は、”傲慢で勝手な不倫相手”を作り出すだけです。
お相手が疲れている、悩んでいるとかそういうことをいち早く察知し、さりげなく満たしてあげる。
お相手はそこに癒しや安らぎを覚えていきます。

3、相手が動けるきっかけを作る
お付き合いの中で与え続けていくとお相手に変化が見られます。
あなたに依存し、あなた無しでは考えられなくなるのです。
ここからは、お相手の意思次第なので、あなたから選択を迫ってはいけません。
お相手の選択をじっと待つのです。反応が見られないようなら、少し離れましょう。
そうすることであなたが与えてきた愛情の大きさに気づき、そして、あなたを失うことに恐怖を感じるかも知れません。

以上が、不倫している女性がお相手を振り向かす為にやるべきことです。
さらっと書きましたが、ここには沢山の辛い夜や涙があるかも知れません。
やっぱり一人で泣くのは辛いし、誰かに話を聞いてほしい・・・。
そんな時は、私たちにお電話をしてみてください。
あなた自身ではどうにもできない不倫のお悩みも、私たちには解決することができます。
また、誰かに話してみるだけで心もスッと楽になりますし、それはとても大きな一歩だと思います。


夫婦を別れさせたいと考えていらっしゃる方へ

不倫で辛い女性へ 不倫相手とその奥さん(夫婦)を別れさせたいとご相談に来られる方は沢山いらっしゃいます。
ご相談者様に不倫関係についてお聞きすると、”我慢を強いられるのが辛い”と仰います。
休みの日には、会うことはおろか連絡すらとれない。
平日も夜はLINEもできないという相談者さんも少なくありません。

「なんで私ばっかり!!」

そう思うお気持ちは痛いほどよくわかります。ただ、残念ながら不倫は「なんで私ばっかり!!」という気持ちを抑えることができないと上手くいくことはありません。
もしあなたが不倫相手と奥さん(夫婦)を別れさせたいと考えているのであれば、まず自分自身の感情と付き合いコントロールするかが大事だと言えます。
とはいえ、ただ『独身女性は我慢しなくてはいけない!』と突き放すわけではありません。
不倫している既婚男性のことを理解して行動を変えるだけで、我慢することは苦ではなくなるのです。不倫相手と奥さん(夫婦)を別れさせることは私たちに依頼いただければ実現出来ることですが、別れさせた後に依頼者さんが不倫相手と幸せな関係を築くために、まず既婚男性の気持ちを理解することから始めましょう。
では、不倫している既婚男性の気持ちを紐解いてみましょう。
4、不倫している既婚男性の心情
まず、あなたの不倫相手はなぜ不倫を始めたと思いますか?
今まで数多くの不倫している既婚男性を見てきた私達が言える答えは「現状に満ち足りていないことがあるから」です。 根っからのプレイボーイというタイプはそれほど多くありません。

では既婚男性は何が満ち足りていないのか考えてみましょう。
1)妻への恋愛感情
2)妻(家族)からの承認欲求
3)仕事への理解
などが挙げられます。
性的欲求が満たされていないという場合も考えられますが、その理由が先行して不倫するタイプは”プレイボーイタイプ”で、ほとんどの既婚男性は”精神的な不満足”から不倫に至るケースが多いです。

「仕事の辛さを分かってくれない」、「奥さんに恋愛愛情を感じることができない」、「自分のことを認めてもらえない」、そんな不満足を埋めるために既婚男性は不倫をするのです。

5、既婚男性はあなたに何を求めている?
私達は、今まで不倫相手夫婦の別れさせ工作をご依頼いただく中で沢山の既婚男性の本音を目の当たりにしてきました。その中で、既婚男性があなたに求めていることを一言で言うと「日常への不満」を解消してくれる存在であることです。言い換えると、”癒し”であったり”刺激”を与えてくれる存在を求めています。

不倫を始めたころは無条件に刺激があるでしょうし、癒しもあるでしょう。
数ヶ月ほど経つうちに、「してはいけない刺激的な恋」から「当たり前の恋」に変わってきます。
これはどの恋愛にもいえることですからある程度しょうがないものです。

ですがこの時期に「会える嬉しさ」よりも「会えない不満」が独身女性の中で募り始めてしまうことが二人の関係を危ういものに変えてしまうのです。
このタイミングで私たちは独身女性の皆様に「待った!!」をかけたいのです。

6、家庭と恋愛、それは比べることができないもの
まず、あなたの不倫相手はなぜ不倫を始めたと思いますか?
不倫している独身女性のご相談に乗ると、ちょっとした誤解をされている方が多いことに気づきます。それは次の言葉から読み取れるものです。

「奥さんへの愛情は無いって言ってるんですよ。それなのに私との時間をとってくれないんです。」
この方が何を誤解しているかわかりますか?
それは、既婚男性は独身女性と奥さんと『恋愛感情という一つの物差し』では測っていないということです。確かに、恋愛感情という意味では不倫相手の方が強いという既婚男性が殆どだと思います。ですが、奥さんには『家族愛』という独身女性には抱いていない別の愛情を持っているのです。

この二つの愛情は比べられるものではないため、既婚男性にとってこのどちらかを選ぶことは容易ではありません。それを理解せず、気持ちを押し付けたり、離婚を迫ってしまうから関係性が上手くいかなくなるのです。既婚男性は、自分で選択しきれないので”よりリスクの少ない”選択( = 離婚しない)を選んでしまうのです。

7、独身女性のあなたにできること
先ほど、独身女性には『恋愛感情』、奥さんには『家族愛』を持っているとお話ししました。
奥さんの家族愛には独身女性は一生勝つことはできないのでしょうか?
いえ、そんなことはありません!
むしろ今までに既婚男性を勝ち取ってきた独身女性を沢山見てきました。
その方法は、『ひたすら既婚男性を満たし続けること』です。
既婚男性は奥さんに家族愛を感じていますが、同時に不満も持っています。(それが不倫をし始めた理由です。)
奥さんの既婚男性に対するメンタルケアでは十分でないのです。
そここそが、あなたが攻めるべき一番の鍵です。

既婚男性の精神的な変化を敏感に感じ取り、精神的なケアをする。
これを続けることで、既婚男性は仕事などの大事な話を奥さんではなくあなたにするようになってきます。その間、あなたの欲求はなるべく相手に出さないようにしてください。
一見あなただけが我慢をしなくてはいけないように思われるかもしれませんが、きっとあなたも自分の欲求を不倫相手に満たしてもらうことより、不倫相手があなたを頼ってきてくれるようになることが楽しくなります。そしてそういった気持ちの変化から我慢することが苦にならなくなってきますし、そもそも我慢するという感覚自体がなくなり、良好な関係が築けるのです。

そして、既婚男性のあなたに対する精神的な依存度が高まっていることを感じられると、心に余裕ができるので更に我慢する辛さは減ってきます。
こういう付き合い方を続けていくとどうなるのか?
『恋愛感情』から『家族愛』に似た感情へと変化していくのです!
そうなると、既婚男性は「離婚してほしい!」と言わなくても自然に離婚を考え始めます。
これが私たちの考える、不倫相手夫婦を離婚に向けて動かす方法です。

私たちに別れさせ工作を依頼しなくても、今日お伝えしたことをご自身でトライしてみることも可能です。ただ、数ヶ月で既婚男性の気持ちががらっと変わる訳ではないので、少なくとも1年以上の期間は必要になります。もし、もう少し早く既婚男性の離婚を実現したいという方は私たちアクアにご相談ください。これまでの成功事例とも照らし合わせ、ご相談下さった方一人ひとりの状況や背景、そしてご要望に合わせプロならではの技術でどのように別れさせるのか親身になって丁寧に詳しくお話しさせていただきますので。

別れさせ確率診断
ご相談はこちら