別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

別れさせ屋とは | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

別れさせ屋とは

kwnowledge

別れさせ屋って何をするの?

そもそも別れさせ屋とは?

別れさせ屋は、「彼・彼女と別れたい」であったり、「元カレと今の彼女を別れさせたい」というようなご要望に対して、第三者の工作スタッフがターゲットに接触し、別れたいと思わせたり、別れざるを得ない状況を作ることで依頼者様の想いを実現する仕事です。
別れさせ工作を行う上で、尾行や張り込みは不可欠です。
そのため別れさせ屋は、探偵業法に則り、公安委員会から探偵業届出証明書の交付を受ける必要があります。
別れさせ屋業界は約25〜30年ほど前に生まれました。
その後ドラマ化されたり、テレビで取り上げられることも増え、認知度の高まりと共に別れさせ屋は私たちが創業した20年前に比べるとかなり増加しています。
別れさせ屋には高度な技術が求められる一方で、技術やノウハウを学べる機関が存在していないこともあり、サービスクオリティにはすごく幅があります。
そのことから契約後のトラブルが絶えないことも事実です。
別れさせ屋にご依頼される際は、『別れさせ屋の比較と選び方』を実践した上でご契約して頂きたいと思います。

別れさせ工作ってどうやるの?

別れさせ屋はどんな手法

別れさせ屋が別れさせるために行うことを『別れさせ工作』と言います。
別れさせ工作は『工作スタッフがターゲットに接触し別れる状況を作る』必要があります。
ターゲットに接触する方法として、異性の工作スタッフがいきなり話しかけるような手法をとる業者もあるようですが、私たちはいきなりターゲットに工作スタッフが話しかけることはしません。接触時に怪しまれてしまっては、その後に関係を構築することは不可能だからです。
あくまでターゲットの日常に沿った形で”自然と”知り合いになる手法をとります。
その為にアクアでは、『事前調査』に力を入れます。
事前調査でターゲットの性格、行動パターン、交友関係などを洗い出し、
『どんなシチュエーションで、何歳くらいの男女どちらの工作スタッフが、どんな形で接触するのが最適か』を考えます。
依頼者様からは「どうやって話しかけるんですか?」とよくご質問頂くんですが、理想はターゲットから話しかけられる形を作ることです。ターゲットから話しかけられる状況を作れば、警戒心が持たれることなく接触でき、関係構築までスムーズに運べます。
ターゲットと接触できたら、LINEや電話、実際に会うなどして関係を深めていきます。
別の工作スタッフを友人や恋人として紹介したりしながら、信頼関係を深め心理誘導できる状況を作っていきます。
具体的な工作シナリオはご依頼内容やターゲットによっても全く変わってくるので、お問合せ時に状況を伺った上でお話させていただきます。

別れさせ工作って実際成功するの?

成功するのか

ここまで別れさせ工作について説明してきましたが、『赤の他人がいきなり知り合いになった人の気持ちを動かす』
これはとんでもなく難しいことです。
人の心理を読み解く技術、経験に基づくノウハウがないと絶対に成功することはありません。
正直にいうと、別れさせ業界においてちゃんとしたノウハウを持って成功させている会社はそうは多くないと思います。
他社に依頼されてからアクアに来られた依頼者様から聞いたお話ですが、
『ターゲットの退勤時に道を尋ねて、その流れで連絡先を聞こうとする』工作を行い「失敗しました」で依頼を終了させる会社もあるようです。こんな形で連絡先を聞いてもただの不審者でしかないですよね。
ですから先ほどお伝えしたような『事前調査』とそこからターゲットについて読み解く『分析力』がものすごく重要なのです。
別れさせ工作の成功は、この二つがほとんど決めているといっても過言ではありません。
ここまで緻密に行ってもシナリオ通りに進むケースは70%程度で、残りの30%ほどはターゲットの反応に合わせ、その都度シナリオを修正しながら別れさせ工作を成功まで進めていきます。
詳しくは別れさせ屋の成功率というページをご覧ください。

別れさせ工作ってバレないの?

別れさせ屋でばれた?

私たちは別れさせ工作を始めて20年以上が経ちますが、当然今まで別れさせ工作がバレたことはありません。自然な形でターゲットと接触していれば「あれ?別れさせ屋かも?」と思われることはないのです。
別れさせ屋に依頼したことがバレるリスクが最も高いのは、依頼者様からターゲットや第三者に漏れてしまうことです。
例えば、『夫が妻と別れたい』という依頼があったとして、アクアに依頼したと分かる内容(契約書や担当者とのメールのやり取り)が妻に見られてしまうケースなどがあります。
また、皆さんは想像ができないかもしれませんが、ケンカをした際など依頼者様が感情的になってしまったことで、別れさせ屋に依頼していることをターゲットや第三者に自ら伝えてしまうケースも少なくありません。

上に戻る