別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

名古屋の別れさせ依頼の特徴とは?愛知県名古屋市の事例。 | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

名古屋の別れさせ依頼の特徴とは?愛知県名古屋市の事例。

2020-11-05

アクアは全国で多くの別れさせ工作のご依頼を頂いております。

特に今年10月に大阪支社をオープンしてからは、関西・近畿エリアのご依頼に対してもより迅速に対応できるようになりました。常駐のスタッフがオフィスにおりますので、以前よりもお気軽にご相談いただくことが可能です。

さて、本日は多くの依頼を頂いているエリアである、名古屋の事例のご紹介です。

ご依頼者様を見ていると、名古屋でのご依頼には独特の特徴があると感じます。東京や大阪での依頼に比べて、一癖や二癖あるようなご依頼が多いですが、実際の事例からそんな特徴を見ていけたらと思います。

どうしても彼と付き合いたい!付き合わせ工作の事例。

今回頂いたのは、別れさせ工作のご依頼ではありませんでした。

相手にそもそも恋人がいるのかも分からない、しかしどうしても彼と付き合いたい!という女性からのご依頼で、強いて言えば、付き合わせ工作という形でのサポートになりました。

依頼者様は40代の女性。会社の同僚である40代の男性とどうしても付き合いたい、とのことでご相談を頂きました。

このような付き合わせ工作のご依頼は稀に頂きます。当然引き受けさせていただきますが、まずは相手に恋人がいるかどうかを確認しなければなりません。

さて、まずはこの男性に工作員がコンタクトを取ります。

依頼者様の女性と同じ会社に属する男性ですが、どうやら会社の人が行きつけにしている居酒屋があるようで、いつもそのお店に仕事帰りに寄ったりするようです。
金山エリアにある小さな個人経営の居酒屋で、たくさんの人で賑わっているというよりは、いつも常連さんが集まっているようなお店です。


そこでこの、他のお客さんともすぐ馴染めるお店の雰囲気を活かして、男性の工作員がお客さんとしてお店に入り、ターゲットに接触することにしました。

お互いお酒が入っていたので仲良くなるのは簡単にできました。ターゲットの男性だけでなくその周りの同僚の方々とも知り合いになって、連絡先を交換し、関係を構築します。

聞いてみると、男性に恋人は今はいないとのこと。
付き合わせ工作にゴーサインが出ました。

彼に嫌われてる?マイナスから彼に好きになってもらうまで。

しかし調査を進めていくと、芳しくない事態が分かってきました。

どうやら依頼者様は会社の他の人たちからあまり良く思われていないようなのです。

というのも、依頼者の女性はあまりにも猛烈に相手の男性にアタックしすぎたせいで周囲の人たちに対して配慮に欠ける行動をしたり、相手の男性も少し引いてしまっているような状態でした。

そこで男性にアプローチをするのと同時進行で、依頼者の女性をケアする必要もあると判断しました。
これまでの行動が行き過ぎていたことをお伝えし、意中の男性だけでなくその周囲の人たちにも気配りをすることで関係を改善して、応援してもらう方が得策である、ということを認識して頂きました。

その上で工作員が同席する形で、男性や周囲の社員の方々と交流する際に自然に依頼者の女性も交えるような形で輪に入っていただき、アドバイス通りのコミュニケーションをして頂くことでその関係性を改善することに成功しました。

女性が他の同僚の方々と関係を改善したことで男性もかなり心を許されたようで、その後は順調に関係が進展していき、最後は男性の方から付き合いたいと口にするまでになりました。

このようにマイナスからのスタートであっても、アクアのトータルサポートを通すことで、完全に関係性を変えることも可能なのです。

アクアで、あなたと彼の関係性を変えませんか?

別れさせ屋と聞くと、まるでターゲットに工作して別れさせるだけの業者のように聞こえますが、
アクアは、あなたとあなたのパートナーの関係性を変えるために総合的なサポートを提供致します。

もし二人の関係性の問題が、あなたの相手へのアプローチの仕方だったのなら、そのことをお伝えしてアドバイスいたします。

ただ相手を別れさせるだけでは、依頼者様が幸せになることはありません。
二人の関係性のために何がベストなのか。そこを追究するのがアクアのサービスです。

もちろん今回のケースのように、あの人と付き合いたい!というような場合でもご依頼をお受けします。

ぜひ、アクアから一歩を踏み出してみませんか?

名古屋のお客様だけでなく全国のお客様から、ご相談をお待ちしています。

別れさせ屋のQ&Aに関するご相談はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい。


メールフォーム

LINE相談

~この記事の著者~

男性調査スタッフ T

CATEGORY
上に戻る