別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

「別れてくれない」浮気相手・不倫相手と別れる方法とは? | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

「別れてくれない」浮気相手・不倫相手と別れる方法とは?

2021-11-25

「浮気相手や不倫相手と別れたい」と思っているものの、相手が別れに応じてくれずに途方に暮れている男性はいらっしゃいませんか?今回は、そんなあなたのために「別れるため」に自分でできること、絶対にやってはいけないことに触れつつ、プロの「別れさせ屋」を活用する選択肢についてご紹介します。

別れたいものの相手が別れに応じてくれない状況とは

別れさせ工作の実績22年の弊社(アクアグローバルサポート)は「浮気相手や不倫相手と別れたいものの、うまく行かずに困っている」という既婚男性から数多くのご相談を承ってきました。「別れてくれない状況」は、大きく二つに分けることができます。

1、別れ話がトラブルに発展している危機的状況

一つ目は、トラブルに発展するリスクが大きい、または、既に別れ話がきっかけとなり事態が炎上しているような状況です。具体的には、相手から「別れたら死ね」「私を捨てるなら交際の事実を勤務先や家族にぶちまける」というような脅迫を受けているパターンです。

これが酷くなると、週末や夜中にも執拗に電話がかかってくるようになったり、自宅前で待ち伏せを受けてしまうような事態に陥ったりすることも珍しくありません。相手が精神的に追い詰められている非常に危険な状態なため、一方的に別れようとすればするほど、事態は悪化します。

厳しいことを言いますが、浮気であろうとも、不倫であろうとも、異性として交際を経た以上は投げやりにならずに「鎮火するまでは粘り強く相手と向き合う」しかありません。あなたの家族や職場に迷惑をかけないためにも、相手の気持ちを逆撫でせずに対話を継続しましょう。

もし、それが困難であるならば、私たちのようなプロの「別れさせ屋」に相談することを強くお勧めします。自力で解決するよりも、時間的にも経済的にも合理的と言えるからです。

2、別れ話を具体化できない状況

二つ目は、これから別れ話を具体化しようとしている段階や、別れ話を持ちかけているものの相手が反応してくれない状況です。このようなケースでは、浮気相手、不倫相手が自身の立場をわきまえていることが多く「離婚はしなくていいから、ずっと会い続けたい」という、単純に恋愛関係の継続が求められます。

最も重要なのは「あなた自身が相手をどう思っているのか?」という点です。「別れたい」と思っているものの関係は継続している、ないしは会う度に身体を重ねてしまっているような状況では、なかなか現状を打破することはできないでしょう。

もし、あなたが本当に「別れたい」と思っているならば、極力肉体関係は解消した方が良いでしょうし、二人で会う頻度を下げていく努力が必要です。

浮気相手や不倫相手に「申し訳ない」という同情心が残っていたり、実際にはまだ相手に対する気持ちが残っていて「別れたい」のではなく「別れるべき」と感じたりするようならば、事態は長期化する一方です。このように踏ん切りがつかない男性は実に多く、最悪の場合、男性側がうつ病になってしまうこともあります。

いずれにせよ「円満な別れ」を望むのであれば、時間をかけて真摯に相手と向き合う他ないのです。

「別れさせ工作」の活用で時間と労力を軽減してみませんか?

そもそも浮気相手や不倫相手との問題は、誰にでも口外できるものではありません。「別れること」は「付き合い始めること」の何十倍の労力を要するものです。

あたな自身の立場を守るためにも、精神をすり減らさないためにも「別れさせのプロ」に相談して解決する方法を検討する価値は十分にあるはずです。ここで「別れさせ工作」の典型事例を1つご紹介しましょう。

依頼背景:
東京都内在住の会社員Aさんには、5年間の不倫関係にあるTさんがいました。Tさんに対する熱が冷めたAさんが「別れたい」と口にすると、Tさんは豹変してしまいます。「土日はLINEをしない」というルールは無視されるばかりか「別れるというなら奥さんと会って全部いままでのことを話す」と言い出しました。恐怖を感じたAさんは、いったん別れ話を引っ込めた上でご相談にいらっしゃいました。

工作内容:
私たちはAさんからTさんの性格や趣味などのヒアリングを経た上で「Tさんにマッチする女性工作員」を選定。数ヶ月の期間をかけて、女性工作員とTさんは「飲み友」になります。信頼関係を構築しながら、徐々に他の男性に興味を仕向けました。タイミングを合わせてここに「Tさんの好み」と思われる男性工作員を登場させます。数回の接触を経て、ついにTさんと男性工作員のデートを実験させました。不思議とこのタイミングから、依頼人であるAさんに対する連絡の頻度が低下していきました。

工作完了:
対象者であるTさんの「熱」は徐々に下がって行き、最終的にはTさんの方から「別れたい」という言葉を口にしました。これは最も理想的なクロージングです。参考までに、Tさんの「Aさんとは別れたくない」という気持ちに変化がなかった場合には、Tさんが他の男性と親しくしている現場の証拠を押さえるプランBも用意していました。

・・・

アクアでは「ご自身が別れたい」というケースから「第三者を別れさせたい」といったケースまで対応しております。ご依頼内容に合わせて、最適な方法と料金プランをご提示しますので、まずはお気軽にご相談下さい。

別れさせ料金のご案内はこちらへ

ご相談はこちらまでお気軽に!

お気軽にお問い合わせ下さい。


LINE相談

メールフォーム

~この記事の著者~

NAGASHIMA

CATEGORY
上に戻る