2017-07-31

【実録!今週の工作現場!】 腹は立つけど、チャラいターゲットから学ぶことがある別れさせ工作!


実際のご依頼内容と別れさせ工作内容をご紹介

◆依頼者/K様・男性・40代・自営業
※ご契約プラン【パッケージプラン(実働20回)】
※進捗状況/1:特定調査⇒2:事前調査⇒3:工作第一段階⇒《現在4:工作第二段階》⇒工作最終段階
◇ターゲット/男性・30代・営業職
◆ご依頼内容
依頼者様には一回り以上歳の離れた彼女さんがいます。まだ現在別れてはいないのですが、彼女さんに現在浮気の疑いが有り。
表面上で揉め事は起きていませんが、彼女さんの熱がどんどん冷めているのを感じ、浮気調査から始めることになりました。

浮気調査の結果は「クロ」!!

依頼者様には、怪しいと思われる彼女さんのスケジュールを事前に教えて頂き、浮気調査から始めたところ、彼女さんとあまり歳の変わらない男性の存在が発覚しました。
当たり前にデートし、当たり前にお泊りしています。
とてもテンションの高い男性で、彼女さんもずっと本気で笑い転げていたのがとても印象的でした。

浮気をするには「理由」がある。浮気をされる方にも少なからず「原因」がある。

勿論、根っからの浮気症という人もいますが、「他の人と親密になる」には理由があります。
今のパートナーに満たされないことがあるから、それを満たしてくれる場所を探してしまうんですよね。
特に、女性は気軽に浮気しません。
仮に、浮気心が芽生えたとしても、「やっぱり彼を裏切ることは出来ない」と踏み止まってしまう人が多いと思います。それでも、浮気してしまうのはよっぽどの理由があることが多いんです。

こういったケースでは男性側ターゲットに行なう工作は勿論なのですが、依頼者様自身の彼女さんに対する態度等も変えていかなければならない案件です。

よくよく聞いてみると、彼女さんが年下という事もあり、依頼者様は彼女さんにとにかく甘く、行なってきたこと、発言など、まるでお父さんのような立場になっていました。
おそらく彼女さんは、もっと「恋人」としての関係性を求め、もっと「恋愛」をしたいのではないでしょうか。

今後は別れさせ工作と並行して依頼者様の彼女への対応も専属の担当者からアドバイスさせて頂きながら進めていきます。

ターゲット、とにかくノリが良い!工作はやり易い結果に!

ターゲットの男性は仕事終わりに頻繁に友人と飲食を共にする人物だという事が調査で判明しています。
またどちらかというと品のいい飲み方ではなく、酔うと見知らぬ隣席の女性などにもちょっかいをかける姿が始終見られるような状態でした。

ターゲットが行く居酒屋を接触場所とし、女性工作員2名で飲食させてみたところ、思惑通りターゲットの方から声を掛けてきました。
ターゲット側の友人は「すみません・・・こいつ酔っ払いで・・・」と謝罪しながら引き離そうとしていましたが、これは工作ですから勿論工作員も快く対応します。
結局ターゲットとその友人と女性工作員2名が一緒に飲む事になり、その場で沢山の情報が得られました。

仕事終わりにここで良く飲む事、彼女はいない、現在彼女募集中などなど。
次回も一緒に飲もうと連絡先交換もする事ができ、ターゲットからは「皆と一緒もいいけど、2人で飯でも食いに行こうよ!」と誘いのメールもきています。

ちょっと、思ったよりも「チャラい」男性だったようですね・・・

チャラいターゲットから学ぶ!

「なんでこんなオトコと・・・」
と依頼者様は落胆していましたが、落ち込んでいる場合ではありません。

依頼者様からすれば、このターゲットは敵!大事な彼女さんに手を出している相手です。

でも、彼女さんがこのターゲットと過ごすことを楽しんでしまっていることは事実。
ターゲットにはあって、依頼者様にはないもの。がたくさんあるはずです。
勿論、依頼者様のキャラクターを「チャラくしよう」という短絡的なお話ではありません。

彼女さんが求めていて、ターゲットが与えることが出来ている「要素」
彼女さんが惹かれてしまう、ターゲットの本質的な「魅力」


こういったものを工作中に分析し、依頼者様に落とし込んでいかねばなりません。

私たちは、表面的な「別れさせ工作」だけでなく、もう二度と同じ事態が発生しないように根本的な問題から解決することを目指し、今後も全力でサポートしていきます!

注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。

〜この記事の著者〜

担当スタッフ Y

アクアではあなたのケースに合わせた個々の別れさせ屋工作プランをご提案させて頂きます。

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜24時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら