2017-10-30

【実録!今週の工作現場!】 女性工作員の好意をターゲットに伝える方法は様々


実際のご依頼内容と別れさせ工作内容をご紹介

◆依頼者/ H様・男性・30代・SE
※ご契約プラン【カスタマイズプラン(実働15回)】
※進捗状況/ 1:特定調査 ⇒ 2:事前調査 ⇒ 3:工作第一段階 ⇒ ≪現在4:工作第二段階≫ ⇒ 5:工作最終段階
◇ターゲット/ 男性・20代・カフェ勤務
◆ご依頼内容
30代男性の依頼者様が、想いを寄せる女性とその彼(ターゲット・20代男性)との別れさせを希望。依頼者様の気持ちを彼女は知らないが、友人としては仲良く、ターゲットの話を聞くのが辛い。自分が異性としては一番近い立場を作りつつ、ターゲットと別れさせた後、時間がかかっても自分が彼女を幸せにしたい。

デート工作は「長時間やる」ほどいいと思っていませんか?

工作ではターゲットと異性工作員がデートを重ねるような関係性を作ることは多々ありますが、このデートが、長時間行なえるとより良いという印象を持っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、関係構築においてターゲットと長時間一緒に過ごすことができるというのは、とても良いことなのですが工作の観点から見ると、一概には言えない場合があります。

「物足りなさ」が効果的な場合もある!

特に相手が男性ターゲットの場合、女性工作員とのデートを重ねる中、1回のデートで「満足させすぎない」方が最善な場合もあります。

少しだけ物足りない要素を取り入れることにより

「次回はもっとゆっくり会いたいね」
「今度は休みの日にどこか出かけようか」

など色々と次に繋がる提案が生まれやすくなります。

「少しの時間だけでも会いたかった」という演出!

先日は女性工作員がターゲットに対し「ごめん!仕事の合間なんだけどちょっとの時間でもいいから会いたくて…」と、バタバタする中で会いに行ったように演出しました。

実質としてターゲットと過ごす時間は短かったのですが、「どうしても会いたかった。」「顔が見れて元気が出た。」と伝え合う二人は付き合いたての初々しさや楽しそうな雰囲気で、撮影してた私も羨ましかったです(笑)

休日デートがあったり、仕事終わりの飲みがあったり、少しの時間で惜しみながら会うことがあったり…【会いたい同士の2人】には色々な形のデートがあることが自然ですからね。


注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。

〜この記事の著者〜

男性調査スタッフ T

アクアではあなたのケースに合わせた個々のプランをご提案させて頂きます

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜24時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら