別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

『男性の愛情が冷める瞬間』Vo.3 中級編 ~本能を刺激すること~ | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

『男性の愛情が冷める瞬間』Vo.3 中級編 ~本能を刺激すること~

2019-05-14

さらに難易度が上がります。
「遠ざけワード」と「遠ざけオーラ」を徹底的に排除し、鏡になりきる行為は続きます。
本当に、このままでいいの?と疑心暗鬼になりながらも、デートは中盤へ。

本当に元気がなさそうな時は、実際に見えているので「元気ないね」と言ってもいいのですが、
素っ気ない彼に「元気ないね」はNGですし、無理に話題を提供する必要もありません。
彼からしてみたら、
距離を詰められている感じがして「遠ざけオーラ」にしかならないので。

だから、当然「元気、だそうよ」などの励ましもダメ
盛り上げたり元気づけようとしたりする態度も「遠ざけオーラ」です。
距離を近づけようというあなたの意図を感じさせてはいけません。

辛い時間ですが、あなたが不機嫌そうな態度をすることもダメです。
あくまでも、我慢です。鏡なので同じテンションで、飄々としていましょう。
沈黙が続くかもしれません、でも、いいんです。
無理に話題を振ったりするのもNGなので。

ここまでくると、きっと、「何のためにこんなことをやっているの?」と虚しくなりながら
デートを続けていることでしょう。

これから、その理由を解説します。

男性の方が多くもっている本能

男性というものは、狩猟本能を持っています。
獲物を追っていたいんです。
獲物を狩る瞬間が快感なので、釣った魚に餌をやらないのはそういう意味。

完全に手に入れて、既に距離が広がった獲物(=あなた)であっても、
こういう態度を取られると意表を突かれるのです。
手中に入れて、すっかり俺のものになった恋人が持っていた、俺の知らない一面。
これは、狩猟本能をくすぐることなのです。

そのうちに彼は考え始めます。
「なんで、彼女、態度が変なんだろう。俺のご機嫌も取ってこないなぁ。」
(彼の態度を鏡としているだけですが…笑)

これは、俺の知らない彼女だなぁ、知りたい。

で、なんで飲まないんだろう?
・俺が飲まないから飲まないのか
・機嫌が悪いのか
・それとも、こいつはこいつで、俺の知らないところで何かあったのか

散々頭の中をぐるぐるしても、答えが浮かびません。

でも、男の人はグレーにしておけないうえに、必要な答えを求めることに対してはせっかちです。
既に俺の所有物になったはずの獲物(=あなた)の考えを暴きたい気持ちになっているのでしょう。

彼の方から距離を縮めようとしているサイン

ついに、彼の方から聞いてきます。
「なんで飲まないの?」
(彼の本心:なんで、いつもと違うの?)

こうなったら、あなたの勝ち!
1センチ縮まりました。
彼の頭の中は、なんで?知りたい!と、あなたのことに対する疑問でいっぱいです。

彼「なんで飲まないの?」
あなた「飲まないよ」
彼「なんで?」
あなた「何となく…」

間違っても、
「飲まないのはあなたでしょ?こっちのセリフよ」なんて言っちゃいけませんからね。
そのうち、彼が「最近さ…」なんて語り出したら、2センチ縮まったと思ってください。

でも、「私はね」という、あなたの意見は我慢。
彼は話せば話すほど、勝手に心を開いて距離を詰めてきます。
深い話題であればあるほど、距離が縮まっていると思ってください。

彼に好きなだけ話をさせておいて、あなたは、タイミング良く相槌を打っていればOKです。
どうしても何か言いたくなるのであれば、話を半分くらい聞いておけばOKです。
話の内容はどうでもいいんです。鏡でいることだけを心掛けてください。

とにかく、鏡です。
もし彼の態度が変わらなければ、それは距離を保っただけなので、距離はステイです。

食事の終わり際、間違っても、あなたから「この後、どうする?」とは聞かないこと。
そして、不安な時こそ、彼の温もりを確認したい気持ちになりますが、ハグもキスもせずに、潔く帰りましょう。
振り返っても見送ってもいけません。

一発逆転ホームランのヒント

?上級編
ありますよ、一気に「0センチ」にできる行動が…。
上級編をお伝えする前に、初級編・中級編を試してみてください。

それでも、距離が縮まらない場合、±0センチが長く続く場合は、こちらにご相談ください。

ここで、そのヒントとなるエピソードを1つ。
想像してみてください。

あなたは、中学2年の男の子です。
両親、高校1年の姉、小学3年の姉、そして猫がいます。
中2の男子は分かりやすく母親を遠ざけます。
好きとか嫌いとか関係ありません。とにかく、何でもうざいんです。
特に母親の場合は、良かれと思ってしてくれていることなのに、
良し悪しの判断もついていません。

ある日の夕方、母親と喧嘩をして、あなたは裸足で飛び出しました。
もちろん21世紀の話です。
21世紀の少年にとって、アスファルトのデコボコは足の裏にとても痛い…

あなたはリビングから玄関までの移動で、こう思っていました。
「追いつかないくらい、全速力で走ってやろう。」
で、靴を履くのもイラつく…裸足のまま飛び出して玄関のドアを勢いよく閉めました…

すぐに母親がドアを開けて「待ちなさい!」
…が聞こえません。
ドアが開く音も聞こえません。
でも、きっと男たるもの振り返れない。

とにかく走りました
自分で家出をしてみたのに、もうすぐ聞こえるはずだと期待しています。
「待ちなさい」「どこにいるの?」

聞こえません
むしろいつもより静かにさえ感じます
地球の果てまで逃げるつもりだったあなたは、しばらくして足を止めます

「おかしいな」
お金もない
携帯もない
まして、裸足…

誰も探しにこない、誰も追ってこない。
家の中はどうなっているんだろう?
もしかしたら何かあったのではないか?

冷え込んできたし、家のことも気になるし…小一時間ほどして、自宅に帰ってみました

中を伺うと、そこは家族全員が日常を送っていました
母と姉と妹が夕食に準備をしています。

「おかしいな」
なんで、誰も気にしていないんだろう

母が帰宅したあなたに気付き、いつものトーンでいつもの「おかえり」
お腹も空きました、だからご飯を食べました。
美味しかった…満たされました。

部屋に戻ろうとすると、妹と猫がじゃれあっていました。
思わず、笑いがこぼれました。
妹が「お兄ちゃんも遊ぼうよ」と言われて、思わず駆け寄りました。

これが、上級編へと繋がります。

この深層が知りたい方は、ぜひ、こちらへお電話ください。
彼の心理状況の分析から、復縁にいたるまでサポートいたします。

不倫のアドバイスに関するご相談はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい。


メールフォーム

LINE相談

~この記事の著者~

女性調査スタッフ K

CATEGORY
上に戻る