別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

別れさせ工作を使って既婚男性に離婚を決意させる方法 | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

別れさせ工作を使って既婚男性に離婚を決意させる方法

2019-12-31

弊社では様々なケースの別れさせ工作をご依頼いただいておりますが、特に多いのは、不倫中の女性が相手の既婚男性を離婚させたいというケースです。

ご依頼を検討中の方の中には

「別れさせ工作を使えば、本当に彼に離婚を決意させることができるの?」

と不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、既婚男性を奥さんと別れさせるための具体的な方法をお伝えします。

既婚男性を離婚させたい!別れさせ工作のターゲットは?

多くの方は、不倫相手である男性をターゲットとした別れさせ工作をイメージされるかもしれません。男性に離婚を決意させれば奥さんと別れると思っているからです。

ですが実は多くの場合、ターゲットとなるのは男性ではなく奥さんの方です。

なぜかというと、奥さんが「離婚したい」と言えば、男性は「わかった」と受け入れる人が多いからです。「考え直してくれ」と追いすがる男性は多くありません。

逆に男性が「離婚したい」と言った場合、奥さんは受け入れずに追いすがるケースがほとんどです。男性は離婚しても一人で生きていけますが、女性は仮に専業主婦だった場合、離婚したあとのお金や子どもの問題があります。そのため夫を好きでなくても「離婚はとどまってほしい」という気持ちが出てくるのです。「わかりました」と受け入れられる女性は、多くありません。

男性をターゲットとして別れさせ工作を行い、離婚を決意させることも出来なくはありませんが、男性が離婚を決意しても奥さんに了承してもらえるケースは少ないのです。

ですので「離婚させること」がゴールの場合、基本的には奥さんをターゲットとして別れさせ工作を行います。奥さんに「別れたい」と離婚を決意させれば、男性も「わかった」と言いやすいのです。

とはいえ、かなり特殊な例ではありますが、奥さんではなく男性がターゲットとなることもあります。

奥さんが「考えなおして」とすがるタイプではなく、「わかりました」と夫の決断には従うタイプである場合、男性に離婚を決意させれば別れられるので、男性をターゲットに工作を行います。

既婚男性から本音を聞き出すプロの方法

男性をターゲットに別れさせ工作を行うことはほぼありませんが、本音を聴取する目的で男性工作員が接触することはあります。

本音を聞き出すには、男性工作員を「尊敬できる」「自分より一歩先を行っている」と思わせるような関係性作りが重要になります。

人の信頼を得て動かすには時間がかかります。工作員が男性に接触してきちんと仲良くなるために、アクアでは半年から1年以上かけることもあります。

工作員のキャラクターなど男性にどのような印象を与えるかを緻密に計画し、一緒に飲みに行って心がゆるんだ時にふと本音を洩らしてしまうような関係性を、時間をかけて構築していきます。

既婚男性が離婚を決意するのはこんな時

不倫中の女性の中には「奥さんより私を好きなら離婚を決意するはず」と思う方が多いのですが、そうではありません。

基本的に、既婚男性が不倫相手の女性のために離婚を決意するということはありえません。どんなに好きでも、恋愛感情と離婚とは全く土俵が異なるのです。

女性の場合、夫よりも好きな男性ができると「夫と別れたい」と思う人は多いはずです。しかし男性の場合、愛せる人は1人ではありません。2人でも愛せてしまうのが男性なので、「好きな人ができた=離婚」にはなりえないのです。

それでは、男性が離婚を決意するのはどんな時でしょうか。

それは「奥さんより不倫相手が好きだから」や誰かに言われたからではなく、自分の判断で「家族との生活を続けていくことは自分にとって価値がない」と見切りを付けた時です。

「今のまま奥さんと一緒にいたら自分らしくいられない」
「今の奥さんと一緒にいたら仕事がうまくいかない」

こんな時、男性は離婚を決意するのです。

既婚男性に離婚を決意させるプロの方法

男性をターゲットに「離婚を決意させる」ことがゴールの場合、男性工作員が接触します。

まずターゲットを徹底的にリサーチして、ずばっとハッキリ言った方が効果的なのか、何も言わずに本人に考えさせるほうが有効なのかを見定めます。

女性は友人からの一言に流される傾向がありますが、男性はプライドもあるため、工作員が
「離婚した方がいいと思うよ」
「その方が幸せになれるよ」
といくら吹き込んでも動きません。男性はあくまでも自分自身で判断して離婚を決断します。

そこで、例えば工作員が先に離婚して毎日をエンジョイしている様子をチラ見せするなど、ターゲットが自然と離婚を考え始めるように働きかけて、じっくりと動かしていきます。

工作員のアプローチが効きにくい男性も

人と話さないなど社交性が低い男性の場合、工作員が仲良くなることが難しいこともあります。ですが人間ですので、弱点は必ずあります。例えば趣味や子どもの話など、好きなものに対しての会話だと急に明るくなったり、仲良くなれるポイントは必ず見つけ出せます。

ただ、極度のマザコンなどで「仲良くなるにはお母さんの許可が必要」「離婚はお母さんが許さないからしない」と、意志が本人ではないところにある男性は手強いです。しかし逆に言えば、そういった特殊な場合以外は、必ず有効なアプローチ方法があるということです。

アクアの別れさせ工作にマニュアルはありません

「工作員はどこで既婚男性に接触するんですか?」というご質問をいただくこともありますが、それはターゲットによって様々です。

アクアではまずターゲットを徹底的にリサーチし、ご依頼者さんのゴールへ到達するためのオーダーメイドのプランを設計します。

ターゲットがいつどこで、どのような動きをするかによって、接触場所は変わります。スポーツジムのこともあれば、毎週同じ曜日に行くバーで客を装って接触することもあります。

アクアの別れさせ成功率が高い理由は、ご依頼者さんのゴールとターゲット一人一人に合わせたオーダーメイドの別れさせ工作にあるのです。

別れさせ屋のHOWTOに関するご相談はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい。


メールフォーム

LINE相談

~この記事の著者~

相談窓口 G

CATEGORY
上に戻る