2017-12-20

アクアの名物女性工作員、水沢ってどんな人?


別れさせ屋のアクアです。
皆さん、ご存知ですか?
アクアで10年を超える工作員のキャリアを持ち、数々の別れさせ工作を成功させてきた伝説の女性工作員の存在を。

そう、水沢工作員です。

今年日本テレビ系列「ナカイの窓」にカリスマ別れさせ工作員として出演した彼女。

彼女の役割は工作員に留まらず、依頼者様のカウンセリングや新人工作員の教育にまで至ります。
今回、そんな水沢工作員を紐解いてみたいと思います。

「どのようにして彼女は、依頼者様から絶大な信頼を集める工作員になり得たのか。」

インタビューをしてみました。

伝説の女性工作員水沢を徹底解剖。

ー水沢さん、一体どんな人生を歩んできたら、そんな工作員になれるんですか。

あまり持ち上げないでください。(笑)
そうですねぇ、昔からたくさん恋愛してきたというのはあるかもしれないです。特に、私は好きになる人が全員既婚者で。
私自身は、あまり辛いと思うタイプではなかったけど、そういう恋愛に苦しんでいる人の気持ちは痛いほど分かります。
後、昔あるテレビに1年ほど出させてもらってたんですけど、その経験も大きいです。

ーえ、水沢さんテレビに出てたんですか?

はい、恥ずかしいので細かくは言いたくないですけど。(笑)
恋愛の話に特化した番組だったので、私もずっと自分の恋愛の話をしてきました。
その頃から、恋愛に関する仕事がしたいなと思い始めて、恋愛カウンセラーになったのがちょうど10年前です。

ーアクアに入る前から、カウンセラーもやってたんですね。どんな方が相談に来られてたんですか?

やっぱり今と同じで、不倫に悩む方は多かったですよね。
誰にも話せなくて悩んでる女性が相談に来られてました。
そもそも、人とどう接していいか分からないっていう方も結構いらっしゃいました。

ー水沢さんはどういう風に相談に乗ってたんですか?

もちろん今の方が経験もノウハウもありますけど、基本的には今の相談の乗り方と変わらないです。思ったことをはっきりお伝えするようにしてました。
やっぱり思ってもないこと言っても相談者さんの為にならないし、他の人が言えないことをしっかり伝えないと意味ないと思ってるんです。

ーそこは、今も本当に変わらないですよね。(笑)別れさせ屋の工作員になるキッカケはなんだったんですか?

恋愛に関する仕事が好きなので、いろいろ調べていたら別れさせ屋という仕事を知ったんです。
「ひとの気持ちを誘導したり、180度変えてしまう仕事がカウンセラー以外にもあるんだ!」ってびっくりしました。そして、今まで独学で学んできたことが通用するのか試してみたくなったことがキッカケです。

ー実際別れさせ屋の工作員になってみてどうでしたか?

正直にいうと・・・向いてるなと思いました。(笑)
色んなひとに会って関係性を構築したり、ひとの心の壁を取っ払うことは元々好きだし得意だと思ってきたので。

ー別れさせ屋の工作員が天職だったんですね。

天職って言っていいのかは分からないですけど、依頼してくださる方とお話しすると「絶対私がなんとかする」という気持ちになるのでモチベーションが下がることはないんですよね。

ー10年間工作員をやっている中で、自分の中で何か変化を感じますか?

自分の"勘"というか第六感というか、そういうものが異様に研ぎ澄まされてきた気がします。
工作で接している方の嘘とか社交辞令が本当に分かるようになってきました。それは、10年間の中で色んな現場に遭遇して、経験してきたから分かるようになったのかもしれないけど。
工作中は頭で考えるよりも、感じたままに行動した方が上手くいくときもあります。

ー水沢さんはもはや、よく分からない領域に突入しようとしつつあるような気がします。(笑)最後に、別れさせ屋への依頼を検討している方に一言お願いします。


私自身が、不倫で悩んでいたときって「今の状況が変わるなんて考えられないし、ありえない。」と思っていました。
当時の私が、別れさせ屋の存在を聞いたら「そんな第三者に別れさせられるはずがない」と思っていたかもしれません。でも自分自身が工作員になってみて思うことは、第三者だからこそできることがあるんだなということです。
ひとの気持ちが変わったり、絶対別れないと言っていたひとが別れることって本当にあるんです。気軽に依頼できるものではないですし、「ぜひ依頼してください!」というつもりはないです。でも、今の行き止まりの状況を変えられる選択肢もあるってことを知っておいて欲しいと思います。

いかがでしたか?
アクアには、水沢工作員のように「自分が何とかして依頼者さんの望みを叶えたい!」という気持ちで工作に臨んでいる工作員が沢山おります。
工作員だけではありません。
カウンセラー、調査スタッフ、担当スタッフ含め関わるすべての人間が熱い思いを持って別れさせ工作に取り組んでいます。

水沢はその筆頭です。
本当に強い気持ちをもって工作に臨んでいるからこそ、数々の結果を残しているのでしょう。
この記事を読んで、「水沢工作員に相談したい」という方はぜひその旨をお問い合わせフォームに記載の上、ご連絡ください。
水沢が真剣に皆様のお悩みに向き合わせていただきます。

〜この記事の著者〜

男性工作スタッフ N

別れさせ屋を徹底解剖インタビューに関するご相談はこちら

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜22時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら