2018-01-20

有料相談を意味のないものにしてしまう"損する質問"


相談は相談であって、決断してもらうものではない。

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
始めに断っておくと、今回は少々きつめの言い方になってしまうかもしれません。

ですが、私達に限らず、誰か(もしくはどこかの会社)にあなたが今抱えている悩みを相談するのであれば、必ず心に留めておいて欲しい内容です。

私達は、毎月沢山のご相談をメールやお電話でいただきます。
いきなりサービスをご案内するわけではなく、"そもそも私達別れさせ屋が必要な方なのか"を判断するためにも、現在のご状況や胸の内をお聞きしています。

殆どの質問には、過去の経験からお答えすることができます。
ですが、次の質問には残念ながらお答えすることはできません。

「私は一体どうすればいいでしょうか。」

なぜ答えられないのか。
相談者さんがどうすればいいかは私達がお答えしても意味がないからです。

例えば、不倫中の独身女性が「彼と別れるべきか、関係を続けるべきか」悩んでいたとします。そこで「どうすればいいですか?」という質問に対して、私達が「では不倫を今すぐやめてください」と言ったとして、本当にやめられるでしょうか?

仕事でもない限り、自分の意思で決めていない"誰かの決断"を実行することなどできないと思うのです。

決断をする役目ではなく、決断をサポートするのが私達の役目です。

そもそも、私達の立ち位置は相談者さんの代わりに"決断"することではなく、相談者さんの決断をサポートし、その決断を実現することです。

「彼を別れさせて、私が一緒にいられるようになりたいです。そのためにはどうしたらいいですか?」
というご相談であれば、その方の望みがどうやったら実現できるのか私達は真剣に考えます。

相談できる時間も無限ではありません。
有料相談であれば、なおさらです。
大事な相談の時間を、皆さんの悩みを解決することに使いたいし、私達に相談いただくことで、解決に向けた具体的なアクションを見出していただきたい、そう考えています。

世の中のカウンセラーには、
「とりあえずお悩みを聞きます。」というスタンスの方もいるでしょう。
そういう方であれば、「私はどうしたらいいでしょうか?」という相談にも延々とのってくれるのかもしれませんが、何となく気持ちが楽になることに相談料をお支払いいただくことを、私達はよしとしないということです。

自分の人生を決めるのは、あなた自身であって欲しい

別れさせ屋は、依頼者さんの人生を大きく変える仕事です。
「アクアさんと出会って、本当に変われました!」と言っていただくと本当に嬉しいですし、これからの励みになります。

でもそう言ってくださる方も、変えたのは私達ではなく、その方ご自身です。
自分が生きたい道を決断し、自分自身を変えることを心に決め、一歩一歩努力したからこそ変われたのです。
私達の役目を例えるなら、崖の上から引っ張り上げることではなく、その人が落ちないように後ろから支えることです。

恋愛の悩み一つでも、人間は変われますし、その変化は仕事や生きかたにもポジティブな影響を及ぼします。
今皆さんはすごく辛いお気持ちかもしれませんが、見方を変えると将来を好転させるチャンスが目の前にあるのです。

ちょっと暑苦しいけど、真剣です。

相談するお客様側のスタンスに物申すなんて、暑苦しい会社だなと自分たちでも少し苦笑することもありますが、アクアはそういう会社です。

相談いただく方には、一本の電話で終わってしまったとしても、私達と話したことで少しでもプラスになって欲しい。
だから、感じたことは正直にお伝えするようにしています。皆さんに対して、遠慮がちだったり、人によって言うことを変えるのではなく、本気で皆さんの人生に向き合っていきます。

本当にそんな会社があるのか、とお思いの方は是非一度私達にお電話ください。
電話してよかったと思える、価値のあるお話をしましょう。

〜この記事の著者〜

男性工作スタッフ N

別れさせ屋を徹底解剖インタビューに関するご相談はこちら

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜22時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら