2018-04-09

【実録!今週の工作現場!】 対象者が語る本音に答えがある!


実際のご依頼内容と別れさせ工作内容をご紹介

◆依頼者/ K様・女性・30代・営業職
※ご契約プラン【カスタマイズプラン(実働20回)】
※進捗状況/ 1:特定調査 ⇒ 2:事前調査 ⇒ 3:工作第一段階 ⇒ 《4:工作第二段階》 ⇒ 5:工作最終段階
◇ターゲット/ 男性・20代・会社員
◆ご依頼内容
K様の元彼に現在、彼女がいるかいないか調べて欲しい。なんとなく仲の良い女性はいるようではあるが、よくわからない。いるのであれば別れさせ工作となるが最終的には、K様が復縁したいというご依頼。

彼女の有無をまずは確かめる為に接触!

今回のターゲットは20代の男性です。
彼女がいる可能性が高いとのことでしたが、調査ではそれらしき女性と会う様子はなく、こちらとしても【特定の彼女がいるのか】という点に関しては不明でした。

■ほぼ疎遠になっている
■彼女の都合で会えていない
■遠距離で中々会えない

など色々な可能性があるため、この男性をターゲットとして現在女性工作員が接触しています。

比較的アポイントも取りやすく、ターゲット自身や休日や平日夜も時間が取れるようで、会うこと自体はそう困難な状況ではありません。

今回は食事をしながら、このターゲットの現在の女性に対する考え方や元彼女K様に対する本音を聴取することを目的として行いました。

異性の工作員を近づけるからと言って恋愛関係だけではない!

この案件のケースに関しては現時点では女性工作員とターゲットの恋愛関係は必須ではなく、むしろ本音を話せる友人関係に徹しています。

まずは女性工作員の恋愛に対する悩みを打ち明けてみたところ、思ったよりもしっかりとしたアドバイスや考えが返ってきました。

逆にターゲットのことを聞いてみると、今は彼女はいないとのこと。
さらに突っ込んで聞いてみると、元彼女とは歳が離れていたことで、どうしても自分が子供に感じてしまい、またK様がしっかりしているだけに、プレッシャーを感じる交際だったとのことです。

詳しくは記載できませんが、K様に対する不満ということではなく、お互いがお互いを想ってもうまくかみ合っていなかったことなどかなり詳しく聞くことができました。

きちんと依頼者様へ伝えて改善策を編み出します。

これをそのままK様にはフィードバックしていきます。

彼のためと思って言った発言が彼にとってはこういうプレッシャーになっていたこと。
彼のために行なった行為が、彼は別の捉え方をしていたこと。
など・・・

さらに、彼自身も「自分の恋愛の仕方が子供っぽいのではないか」と若干トラウマになっており、良い感じの女性と出会っても新しい恋愛に踏み出せないとのことでした。

だいぶ、彼の考え方と過去のK様との経緯がリンクしてきました。

ここからはどういったことが起きればK様との復縁を考えることになるのかさらに突き詰め、それを工作によって作り出していきます。
【別れさせ】という依頼にも、その先の未来に目指すものがあると思います。

K様の努力も必要になってきますね。
私たちは全面的にサポートしていきたいと思います!



注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。

〜この記事の著者〜

女性工作スタッフ S

アクアではあなたのケースに合わせた個々の別れさせ屋工作プランをご提案させて頂きます。

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜22時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら