別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

離婚したいと願うあなたは別れさせ屋に依頼するべきなのか | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

離婚したいと願うあなたは別れさせ屋に依頼するべきなのか

2021-02-25

別れさせ屋の老舗、アクアグローバルサポートです。令和になっても、コロナ禍になっても、男女の問題は尽きないもの。出会い、別れ、そしてまた出会い…生きている以上繰り返される男女関係のスパイラルの中で、私たちはいつでも一喜一憂しているのですね。

さて、今回お話しするのは「離婚」の問題です。ある人は言いました。恋に落ちるのは一瞬だけど、別れるにはその何千倍も時間を要する、と。

離婚は思った以上に難儀であり、ほとんどの人は離婚に向かう正しいプロセスを知りません。本気で「離婚したい!」と思ったら何をすれば良いのか。いっそ別れさせ屋に頼んだ方が良いのか?意外と知られていない離婚までの道筋を以下でじっくり指南させていただきます!

1、コロナの影響で離婚を考える人は増えている?

コロナ離婚という言葉もあるように、このご時世で離婚を考えている夫婦は多くなってきているようです。それもそのはず、夫婦といえども日中は別々の場所で別々の行動を取っていた2人が、突然一つ屋根の下で24時間一緒にいるようになるのですから…。これまで確実に存在していた「適度な距離感」と「お互いのプライベート」がなくなれば、これまで見えてなかった部分が目に入り、それがストレスになってくるのも理解できますよね。

そもそも結婚前は赤の他人。それぞれの生い立ちがあり、長い年月の中でできあがった性格や習慣などはなかなか変わらないものです。恋愛時は盲目的になっているのでそれらに気付かず、結婚してもべったりと生活を共にしないので不満は抑えられていましたが、コロナ禍の自粛生活になってガチで向かい合うようになると思うところは出てきます。「大好きで結婚した人でも、一緒にいるとここまで辛いのか」との思いから、離婚の2文字が頭をよぎるというわけです。

2、離婚したいけどできないケースとは?

さて、ここではコロナ禍であることとは関係なく「離婚」についてもう少し考えてみます。離婚率は近年確実に増えています。3人に1人、地域によっては2人に1人とも言われ、もはや結婚と離婚はワンセットと言っても過言ではないほど。しかし、この数字は離婚に至った夫婦の数であって、「離婚したいのに別れることができない」というフェーズに留まっている夫婦もたくさんいることは無視できません。離婚予備軍とでも言えば良いのでしょうか。

愚痴や軽口ではなく本気で離婚を考えている…けれどできない。そのようなケースとはどのようなものでしょうか。それはまず、夫婦の片方が経済的に自立していないケース。特に50代60代の夫婦の場合は、離婚してからの職探しも難航することが予想されるので「お金のために踏みとどまる」という理由から離婚が難しくなっています。他には子供がまだ小さいケース。子育てはある程度の年齢になるまで物理的に大変なものです。夫婦の感情論とは別軸で子供に関するあれこれは起こってしまうもの。猫の手も借りたいような乳幼児期の子育て期には、夫婦問題は一旦保留となってしまいます。離婚したくてもできないというよりタイミングの問題ですね。

そして最後に、これが一番厄介なのですがお互いにまだ情があるケースです。アクアにご相談に来られる方は、皆一様に離婚を望んでいます…少なくとも、口ではそう言います。しかし話を進め、いざ工作の提案になると躊躇してしまう方もいます。離婚が引くに引けない状況になって初めて「やっぱり離婚は本気ではなかった」と気付くのです。そのような場合はもちろん私たちは依頼をお受けすることはありません。まずは自分が望んでいる離婚が果たして本気なのかどうかを確かめることも大事ということです。

3、別れさせ屋が指南!自分で離婚する方法とは

離婚を甘くみてはいけません。離婚は感情面においても制度面においても、そして何より経済面においてもクリアしなければならない問題が多々あります。

物理面はさておき、感情面に関しては離婚に向かう状況を自分で整えることはできます。それは少しずつ行動を変えることです。素っ気ない態度を取る、相手からのラインを返さない、帰宅時間を少し遅くするなど、日常生活の中で行動を変えていきます。それが続くと「なんかあいつ変だぞ」という感情を持つようになり、それがやがて「他に誰か相手でもいるんじゃないのか」という不信感を抱く引き金にもなってくるのです。

しかし、そこで離婚を切り出すわけではありません。自分に関心がない態度を取られ続けるほど残酷なことはありません。相談者様が女性だったとしたら、素っ気なくされ続けている男性=夫は関心が外に向くようになるので、そのようになるのを待つのです。

そしてその先は、自然に男性が外で他の女性と関係を持つようになることもありますし、あるいは確実な手段としてその段階から工作をすることも可能です。いずれにしても「自分にはもう興味も関心もないんだな」と思わせることが重要で、そうなると離婚が現実味を帯びてくるのです。

4、それでも離婚できない場合の選択肢としての「別れさせ工作」サービス

このサイトをご覧になっている方であれば、「別れさせ屋とは何ぞや?」を知っていることでしょう。念のため申し上げますと、「今付き合っている彼/彼女と別れたい」「夫と不倫相手を別れさせたい」「息子と彼女を別れさせたい」などの依頼者様のご要望に対して、第三者として介入し別れを実現させるのが別れさせ屋です。

自分たちだけでキレイに離婚できないのは当たり前です。様々な感情が交差し、損得という物差しも介在すればますます離婚は複雑化してしまいます。どちらかが強く望んでも相手が応じてくれず、しかも相手に決定的な落ち度がないという場合は離婚のハードルはどこまでも高いのが現実。そのような時に「別れさせ工作」となるのです。

私たち別れさせ屋が目指すのは「無理のない自然な別れ」であり、そのための心理誘導をすするのが別れさせ工作です。離婚したいと思わせるような状況を、時間をかけて丁寧につくり、お互いが納得の上で別れを選択するようになるまでのサポートを行うのが別れさせ屋です。20年の実績から導き出される心理誘導のテクニックは精度が高く、確実に離婚に向かわせることができます。

5、別れさせ屋の正しい選び方

ここ数年で別れさせ屋の数もだんだんと増えてきました。ライバルの多さはサービスの質の向上に繋がるので、玉石混交ではありますが信頼できる“まとも”な別れさせ屋はいくつか確実に存在しています。

別れさせ屋にとって重要なのは、別れさせ工作の精度だけではありません。実際に動く現場の人間=工作員のスキルの他に、工作のシナリオの精度が大事です。ターゲットの性格や人間性を分析し、どのように誘導すれば良いのか最適な筋道を考える。これがしっかりしていないとその後の工作が大きく変わってしまいます。別れさせ屋を選ぶときのポイントは、ずばり人間の分析スキルがあるかどうかではないでしょうか。そこの見極めを行ってから依頼することをお勧めします。

6、別れさせ屋ってちょっと怖い?!依頼体験コースで私たちのスタンスに触れてみてく ださい

ここまでのお話でアクアのこと、そして別れさせ屋のことが大方理解できたと思いますが「やっぱりなんか怖いな」「実際のところ効果はあるの?」と半信半疑になっている方もいらっしゃることでしょう。それもそのはず、別れさせ屋はまだまだ一般的には理解度が低く、「過去に利用したことがある」という友人・知人もなかなかいないものです。そこでアクアグローバルサポートでは「依頼体験コース」というサービスを開始しました。

依頼体験コースでは、特定調査または事前調査のご依頼に掛かる通常の費用30万円のところを一回に限り87%OFFの38,000円(税別)で提供します。さらにターゲットに接触する工作であれば、通常45万円掛かる費用が一回に限り90%OFFの45,000円(税別)でご利用頂けます。

お客様の金銭的なリスクを出来る限り排除し、ターゲットの状況把握とご依頼時期の正しい判断をして頂けるサービスです。「依頼体験コース」のみのご依頼でも構いませんし、その結果次第で調査・工作の継続を希望される場合には、1回ごとの追加延長(税別5万円)も可能です。

離婚が思うように進まず悩んでいるという方は、「別れさせ屋」を頼りにしてください。お客様が未来に向かって一歩踏み出せるように全力でサポートいたします。

【依頼体験コースはこちら!】

ご相談はこちらまでお気軽に!

お気軽にお問い合わせ下さい。


LINE相談

メールフォーム

~この記事の著者~

NAGASHIMA

CATEGORY
上に戻る