2018-06-11

【実録!今週の工作現場!】 子供にべったりのターゲットへの工作!


実際のご依頼内容と別れさせ工作内容をご紹介

◆依頼者/ S様・女性・30代・事務職
※ご契約プラン【カスタマイズプラン(実働30回)】
※進捗状況/ 1:特定調査 ⇒ 2:事前調査 ⇒ 3:工作第一段階 ⇒ ≪4:工作第二段階≫ ⇒ 5:工作最終段階
◇ターゲット/ 女性・30代
◆ご依頼内容
ターゲット(子供有)とその相手の別れさせ工作。詳細は依頼者様のご要望により伏せさせて頂きます。

子供がいるターゲットへの接触方法!

この案件、ターゲットには小学生の子供がいます。
調査時も常に子供と一緒に行動しており、習い事への送り迎え、スーパー、休日も出かけるのも子供と一緒。
この結果から依頼者様は「常に子供が一緒だと工作し辛いのでは?」と心配されていました。

確かに子供がいるターゲット、いないターゲットではフットワークの軽さは違うかもしれませんね。

しかし、同性である女性工作員がターゲットと知り合いになるのに、子供が一緒でも全く問題はありません。

むしろ、昼間のお出かけなども「もし良かったらお子様も一緒に」と工作員から子供に歩み寄ることも多々あります。

子供がいるからこそ出来る関係構築!

このターゲットへの接触も常に子供が一緒にいるときではありましたが、偶然の再会を繰り返し、むしろ子供が工作員のことを覚え、話しかけてくるようになりました。
そのお母さんであるターゲットと段々仲良くなることはとても自然な流れとして作ることができました。

今までは、昼間のランチが多かったのですが、先日初めて子供も一緒に夕方から夜の食事へ行ってきました。

子供が一緒であれば確かに話す内容は限られてきますが、ターゲットも子供を同伴させるほど工作員を信用しているということでもあります。

夜の外出に子供もテンションが上がっていましたし、工作員とターゲットの友人関係も一気に縮まったように感じます。

更に深い信頼関係を築く!

工作序盤では、「どれだけ信頼関係を得られるか」が重要だと思います。

この後さらに仲良くなってくると「今度は大人だけで女子会しよう。お酒飲んじゃおうよ」という内容でもすんなり提案できますね。信頼関係がなければこういった誘い方も行なえません。

子供がいるから難しい。ということではなく、自然な順序で前に進める要素をしっかり組み込めば、子供から離れた工作状況も作ることは可能になります。

これからもしっかりと関係構築を進めていきます!


注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。

〜この記事の著者〜

担当スタッフ Y

アクアではあなたのケースに合わせた個々の別れさせ屋工作プランをご提案させて頂きます。

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時〜22時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時〜19時迄受付) 平日10:00〜19:00

メールフォーム

別れさせ確率診断
ご相談はこちら