別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

【THE アクアLIVE!!】(case2-20) ~関係構築inホームパーティー!!その2 | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

【THE アクアLIVE!!】(case2-20) ~関係構築inホームパーティー!!その2

2019-11-26

関係構築inホームパーティー!!その2

{$block_img_1_alt}

前回は工作スタッフ達と共にホームパーティーの中で、対象者自身に彼氏(第二対象者)である「Hさん」に対する問題意識を抱かせ、『本当に今の付き合いのままでもいいのか…』と感じさせる誘導を行ないました。
さらに今回はその続きとして、いよいよ男性工作員との引き合わせの布石作りを行なっていきます!

本日の工作を開始します

ここからは皆さまにイメージして頂きやすいように、実際の時系列の報告書形式にプラスして、
ポイント毎で見解や解説(※印部分)を加えて、その時の詳細を記載して行きます!

これまで同様に

Hさん=第二対象者

彼女=対象者

という表記になります。



◆15:45/3名での談笑が続く。

※お酒もかなり入ってきている様子。そろそろ、対象者を「飲み会」の(行なう内容は合コンと同じですが)話を出すには良いタイミングかも知れません。

(スタッフA)「あ!!そういえば!!みことちゃんにまさに出会いになるかも!!忘れてた!!」

(スタッフB)「なになに!?私の出会い!?そんな重要なこと忘れそうにならないで!!ww」

(対象者)「www」

(スタッフA)「会社の先輩に「皆で飲み会しよう」って誘われててw 楽しくてさわやかな男の先輩達なんだけど、なんとなくタイミング合わなくて断ってたんだよね。みことちゃんが本当に出会い求めてるなら、一緒に飲んでみる!?」

(スタッフB)「きたーーー!!w 独身??」

(スタッフA)「うん。確か皆独身。1人バツイチかな。」

(対象者)「バツイチ!!」

(スタッフA)「みことちゃんバツイチとか気になる??」

(スタッフB)「離婚した理由にもよるよねw基本全然気にしない。むしろ、結婚を経験してるって意味では大人な印象・・・。」

(対象者)「確かにー!!バツイチ男性はモテるって言うしねw」

(スタッフA)「そうそう。その人すごく経験値もあってさ。私も彼のこととかたまーに相談して、男性心理とか教えて貰ってるww」

(スタッフB)「やっぱり大人だww」

(対象者)「いーなー!」

※対象者から「いーなー!」という発言がありました。男性との繋がりそのものを羨んでいるというより、男心を気兼ねなく相談できるような友人の存在を羨んでいる可能性が高そうです。


(スタッフA)「行ってみる?もし一回飲んで合わなかったら遠慮なく言って。どんなでもうまくフォローできるからww」

(スタッフB)「行く!行くに決まってる!!」

(スタッフA)「じゃあ先輩に行きたいってこと伝えておくね。」

(対象者)「ともちんも行くの?彼氏さん怒らないのー?」

(スタッフA)「会社の飲み会だもん♪やましいことないし♪みことちゃんの出会いは見届けたいじゃん♪」

※あくまでも「スタッフB」の出会いをメインとし、それを理由とすること。
また、スタッフAは対象者と同じように彼氏持ちですが、「やましいことはない」と言い切ることで、罪悪感なども感じる必要のない場であること。
この2点を伝えることで、男性との飲み会のハードルを下げています。



(対象者)「…それ、私も参加していいかな?」

※対象者の方から希望してきましたね!感覚的には3人での飲み会の延長と捉えてくれていればバッチリです!


(スタッフB)「参加メンバーに最初から入れて考えてたww」

(スタッフA)「もちろんだよー!!そうだ!彼等が今までどんな付き合い方してどんな失敗したのか聞いてみよーww」

(対象者)「失敗前提ww」

(スタッフB)「私が今度はうまくいかせちゃう!!失敗なんてさせない!!ww」

(スタッフA)「気が早いなーーww」


※もしも対象者の反応が悪かった場合には、工作スタッフBが「私のために付いてきて!」と懇願するというプランも用意していましたが、今までの信頼関係が出来上がっていたために「楽しそう!」と思わせることに成功しています。
対象者が自発的に参加したいと思ってくれたこと、3人で飲んだら楽しいと思っていること。これが今までの綿密な計画によって導かれた結果であることは間違いありません。



◆18:05/対象者及び工作スタッフAが工作スタッフBの自宅を出る。


◆18:15/2名が「××駅」南口改札を通過して駅構内で解散する。以上で本日の工作を終了する。

今までの準備の賜物!!

対象者を飲み会に誘い出すという目的を、無事に達成しました!
こちらではこれまで何度もお話していますが

「対象者をとりあえず誘ってみる」→「OK」→ラッキー!
「対象者をとりあえず誘ってみる」→「断られた」→そのときはなんとかしよう。

無計画に行なうことではありません。
対象者の人間性を踏まえた上で考えられる限りのパターンを考慮して、どのような反応があったとしても対応できるプランを事前に用意しています。

充分な分析と準備をしているからこそ、結果を出すことに繋がるのです。

少なからずお酒のノリや高めのテンションも手伝って快諾している可能性もあると思うので、スケジュールは早めに組みます。正に、「鉄は熱いうちに打て」とはこのことですね★


次回、いよいよ男性工作員が登場の巻…!→〔【THE アクアLIVE!!】(case2-21)へ進む〕
前回の記事は(case2-19)から


※案件はリアルタイムで進んでおりますため、支障が出ない範囲での掲載、また画像については加工させて頂きます。ご了承下さいませ。(もし宜しければ、ご覧下さった生の感想やご要望など、メールや問い合わせフォーム等どんな形でも良いので、皆さまのお声を頂けると励みになります!)

アクアではあなたのケースに合わせた個々の別れさせ屋工作プランをご提案させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。


メールフォーム

LINE相談

~この記事の著者~

担当スタッフ Y

CATEGORY
上に戻る