別れさせ屋アクアは料金とご契約期間と実働回数を明確にした独自のプランで、依頼者様のご期待に結果でお応えいたします

【THE アクアLIVE!!】(case2-10)~彼女の人間性を知るためのプチ接触!!~ | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

【THE アクアLIVE!!】(case2-10)~彼女の人間性を知るためのプチ接触!!~

2019-08-26

彼女の人間性を知るためのプチ接触!!

前回の調査で対象者が通っているボルダリングジムが判明しました。(前回の調査〔【THE アクアLIVE!!】(case2-9)をおさらいする〕)
今回も日曜に調査を行い、前回通っていることがわかったボルタリングジムは毎週行っている頻度だと把握していいのか、もしここならばどういう接触ができるのか、今回も行くようであれば実際に調査員が潜入し簡単な接触をして、どういう人間性を持つ人物なのかなどまで見ていきたいと思います。

{$block_img_1_alt}

本件のご依頼の背景

依頼者様M様は34歳の独身女性です。M様が想いを寄せる男性Hさんの調査をして、彼女が判明し現在特定(自宅・勤務先判明)調査中です。HさんはM様にも借金していたり、M様とのこれまでの関係も有耶無耶のままになっているはずですが・・・!? その状態で彼女と交際!? 今後は彼女をターゲットとして、まず女性工作スタッフの接触へと進め友人関係を構築していくこととなります。
【M様案件の依頼内容を詳しくおさらいする】

それでは本日の調査・工作を開始します

ここからは皆さまにイメージして頂きやすいように、実際の時系列の報告書形式にプラスして、
ポイント毎で見解や解説(※印部分)を加えて、その時の詳細を記載して行きます!

前回同様に
Hさん=第二対象者
彼女=対象者
という表記になります。



◆08:00/対象者自宅付近にて本日の調査を開始する。なお、自宅にて車両、及び自転車があるのを確認する。調査員2名にて1名は車両、1名は立ちで待機する。

「対象者自宅」
住所:東京都○○区△△2-○-8(駐車場付き一軒家)
表札「××」

※本日も自宅から調査を開始します。日曜の対象者はおそらく高確率で外出を見込めると思われるため、出先(できればボルダリングジム)にて女性調査員で潜入&プチ接触まで試みたいところ!!どんな動きにも対応できるよう、今回も車両と自転車を用意して付近にて待機します。

◆09:00/対象者の姿は見受けられない。

◆09:50/自宅の対象者部屋の窓、カーテンが開くのを確認する。

※対象者が起床したようですね!前回までの調査で日曜はほぼ同じ時間に起きていることが見受けられています。規則正しい生活は調査員からすると羨ましいです(笑)。毎日不規則ですからね・・・
本日は天気も良く、ポカポカ陽気なので窓も開けていますね。起床したことがわかったので、自宅付近の調査員は立ち位置を変えて引き続き待機します。


◆10:00/対象者の外出は見られない。

◆11:00/状況に変化無し。

※本来ならば調査員同士で立ち位置を変えたり交代したりするのですが(前回調査参照)、本日は女性調査員がこのあと簡単な接触を行う可能性もあるため、なるべく姿をさらさないよう車両待機させておきます。そのかわり、自宅付近調査員はこまめに立ち位置を変えて警戒されないよう工夫します。こういう住宅街の場合、歩いている住民だけでなく、周辺自宅から見られている可能性も大いにあるので(特に気付きにくい2階などから)細心の注意が必要です。

◆11:32/自宅より出てくる対象者を確認する。自転車に乗り、「○○駅」方面へ向かう。調査員は自転車にて尾行を開始する。

※おそらくまたバスか車両での送迎だろうと思っていましたが、思い込みというのはダメですね。天気が良く暖かいせいか、はたまたダイエットか?!今日は自転車にて外出しました!そんな時でも慌てずに準備していた自転車に乗り、尾行開始です。
対象者の格好はラフなスポーツスタイルで、どちらかというとお出掛け仕様ではないような気がします。ボルダリングに出向く確率濃厚?!
車両待機の調査員に連絡し、対象者は自転車で最寄り駅方面へ向かったことを伝えます。

◆12:10/対象者が「○○銀行」へ入店する。ATM機械を操作している様子が確認できる。同分、店舗より退店する。

※最寄り駅と自宅動線上の銀行に寄りました。最初からお金を下ろす予定だったのか迷わずスッと入りました。休日手数料などは気にしないタイプなのでしょうか。こういう細かい部分からも対象者の人間性を予測する要素になっていきます。それにしても、お金を下ろすとは・・・これはまさか本日はショッピングデーなのか?!

◆12:17/対象者が「○○駅」に到着する。自転車を駐輪場に停めて、改札方面へ徒歩にて向かう。

◆12:23/到着していた「□△線/△○行/2号車4番ドア」に乗車する。
車内ではドア付近に立ち、スマートフォンを操作している。

※自転車は月契約ではなく、一日限定の駐輪場に止めたのが確認できました。やはり、普段はバスor車両での送迎が主なのでしょうか。こういった一貫性のない不確かな動きの中ではあまり接触(工作)することには向きません。
確実(高確率)に現れる、立ち寄る場所などでの接触がベストなんです!
電車の行き先は前回と同様のボルダリングジムがある方向に向かっています。女性工作員も合流し(車両にて先回りしてもらっていました!)かなり遠めで電車車両を挟むような形で対象者を尾行していきます。


◆13:03/電車が「□▽駅」に到着し、下車する。改札を通過して東口を出る。

◆13:07/対象者が駅直結の「△○ビル」に入店する。エスカレーターを上がり3Fへ向かう。

※ビンゴ!やはり日曜はボルダリングジムに向かうことが多いようです。
が、しかし…ジムには向かわず駅ビルに入店しました(焦)。
銀行でお金を下ろしていたことを考えると、ジム前に買い物をするつもりなのか・・・?


◆13:10/対象者は3Fにてウインドウショッピングをしている姿確認する。今のところ購入はしていない模様。

◆13:19対象者が「○□」にてスポーツジャージ(ピンク)を購入する。上記店舗より退店し、エスカレーターにて1Fへ向かう。

※スポーツジャージを購入しました!このようなウインドウショッピングなどは特に注意が必要なんです。当然いつ何を購入するかわかりませんが、店舗に入店しても一瞬で出たりする可能性があるので、出来るだけ距離をあけて、姿をさらさないよう、いかにも買い物をしているように装うことが大事です。
ジャージはボルダリングの際に使うのでしょうか?実は私もなのですが、新しいことを始めたら格好から入るタイプのようですね(笑)


◆13:22/対象者が上記ビルより退店し、東口方面へ徒歩にて向かう。

◆13:28/対象者が「×○クライミングジム」に入る。

※やはり入りました!ボルダリングジムです !毎週通っているのでしょうか?
今回はここで女性調査員を潜入させて、対象者がどういう人物なのか、人間性などを知るためにもプチ接触を実施していきます。
前回の調査で初心者向けの体験が受けられることを確認していたので、早速女性調査員(ボルダリングに対してやる気満々)に入店してもらいます。
すぐに工作スタッフを潜入させて、仲良くなればいいんじゃないの!?と思う方もいるかと思われますが、このプチ接触にて人間性や性格などを少しでも知ることが大切なんです。
なぜなら、この対象者にはどんな工作スタッフが合うのか、対象者の反応からするとこういう接し方で接触すればいいのでないかなど、様々な予測ができるからです。
対象者に警戒されないためにも、何度も何度も工作スタッフを変えて接触するわけにはいきませんので!


◆13:50/館内でボルダリングをしている対象者の姿を確認し、女性調査員も館内に潜入する。

◆14:20/女性調査員が対象者に接触している様子が窺える。会話中、対象者には笑顔が見られ楽しそうに談笑している姿が確認できる。

※店舗の外から見る限りだと、お互い笑顔で話しているのが確認できます。やはり社交的な性格、明るく気さくに話せるような人柄なのでしょうか。

◆15:00/依然として、対象者と女性調査員は他の客とも一緒にボルダリングを続けている。

◆16:03/接触を終えた女性調査員が上記ジムより出る。対象者の人間性を確認できため、本日の調査、簡易工作を終了する。

※無事接触を終え、女性調査員が退店してきました。対象者もまだ始めたばかりのようで仲間意識のようなものが芽生えたのか、少し話した感じでも物腰の柔らかい好印象を受けたようです。
本来なら帰宅するところまで確認するのですが、朝から調査を行って、尚且つ接触をしていますので、本日はここで終了します。無理に追いかけて警戒されるのは一番のNGですからね!

本日の調査・工作で分かったこと

今回は現状一番接触しやすそうなボルダリングジムにてプチ接触を行いました。
実際に会話した女性調査員の話しを聞くと、対象者はかなり話しやすく、まわりに対しても分け隔てなく接していたようです。
調査員が「お上手ですねぇ…結構長いこと通われているんですか?」と尋ねると、

(対)「いえいえ、全然上手くなんかないですよ!まだ最近始めたばかりなので」
(調)「そうなんですか!私もダイエットのために今日から始めたんですよー!意外に難しいですね」
(対)「私も運動不足解消のために始めましたー!週末だけですけどね」・・・

今後本格的な工作にも進展させていかねばなりませんので聞きたいことは山のようにありますが今回は深追いせず、あえて軽い感じで終わっています。
今回のプチ接触を踏まえ、この対象者には同じような性格を持つコミュニケーション能力が高い、同世代の女性工作スタッフが良いかと思われます!同じモデルが好きというのはさすがに偶然過ぎるので、そのモデルが専属である雑誌【○○○○】をずっと購読しており、その中の少し違うタイプのモデルファンということにします。(その他かなり細かい設定もあるのですが、ここでは伏せさせて頂きます。)

対象者も運動不足解消目的と好きなモデルさんの影響でこのジムに来ているようですから、工作スタッフもかなり似た動機を持たせても違和感はないかと思います。
また、ボルダリングは次の手・足をどこに置いて進めるかなど、声を掛け合いながら協力体制で上がっていくような進め方もあるので、そういったところで「仲間意識」や「一緒に頑張る」友人関係を構築し易いかと思います。

果たして今後はどのような展開になっていくのか?!
次回からいよいよ女性工作スタッフによる本工作となってきます!お楽しみに!→〔【THE アクアLIVE!!】(case2-11)へ進む〕
前回の記事は(case2-9)から

※案件はリアルタイムで進んでおりますため、支障が出ない範囲での掲載、また画像については加工させて頂きます。ご了承下さいませ。(もし宜しければ、ご覧下さった生の感想やご要望など、メールや問い合わせフォーム等どんな形でも良いので、皆さまのお声を頂けると励みになります!)

~この記事の著者~

担当スタッフ Y

アクアではあなたのケースに合わせた個々の別れさせ屋工作プランをご提案させて頂きます。

総合相談窓口/ 0120-89-2645(10時~22時 365日受付)
女性専用窓口/ 0120-56-8480(平日10時~19時迄受付)

メールフォーム

CATEGORY
上に戻る